土曜日の指導(10月1日)

 

里山です。

 

 

少しずつ、涼しくなってきましたね。

運動には、最適な季節です。

 

 

そう言えば、来週の土曜日には、駒沢公園で、「東京スポーツ博覧会」も開催。

 

一流の元スポーツ選手たちが数多くゲストに来て、レクチャーを行ったり、様々な催し物も行われるビッグイベント。

世田谷東支部も、極真会館を代表して演武を行うようです。

 

極真空手は、他の競技を凌駕するような武道団体です。

個人的には、来場者を惹き付ける素晴らしい演武を行って、大々的にPRをしてもらえればと思っています。

 

都合のつく方は、ぜひ足を運んでみてください。

 

今日も5クラス指導に入りました。

 

●幼年クラス

 

今日は、10名ちょっとでの稽古。

 

基本稽古の際には、しょう君が初めて号令に挑戦しました。

「号令かけられる?」と尋ねると、戸惑いながらも「うん」と頷いてくれました。

少し、スローでしたが、バッチリ成功。

終わった後は、ちょっぴり嬉しそうでした。

良かったです!

 

そのしょう君、稽古後にはオレンジ帯を渡しました。

いつも真面目に取り組んでいる子なので、どんどん上の帯に進んでいけると思います!

 

 

途中から色帯の子たちは、ミット稽古。

 

上段回し蹴り→中段回し蹴りの連打。

 

こうせい君、ゆうた君は、とても上手に蹴っていました!

さこん君は蹴った後にフラフラしなければ、言うことなし!

新しくオレンジ帯になった、さくと君も、初めての割には上手に蹴れていてとても良かったです!

image1-1

 

●少年初級クラス

 

今日も多くの生徒が来てくれました!

 

最近は、柔軟性を養う稽古で、足首を頭部へひっかける「足かけ」をよく行います。

 

うきょう君が得意で、お手本になってもらいます。

 

彼の場合は、写真にもある通りそのまま立ち上がるところまでいくほどの柔軟性。

その彼の前蹴上げは、これまた写真のように、地面と垂直になるほど高く蹴ります。

 

お見事です。

 

そのうきょう君、スパーリングや組手には、まだ強烈な嫌悪感があるようです。

スパーリングが始まる前の彼の表情は、ものすごい「暗い顔」をします。(苦笑)

役者や、マンガに出てくるキャラクターが大げさに演じているぐらいに、「暗い顔」をするので、彼には悪いのですが、つい吹き出してしまいます。

本人してみれば、それぐらい嫌なことなのでしょう。

 

ただ、スパーリング中は一方的にやられる場面が多いですが、それでもジッと耐えて、「大丈夫」と返してくれる、とても我慢強い子です。

普段は明るく優しい子で、いつも大きな気合で練習に取り組みます。

そういう子にこそ強くなってもらいたい。

 

それだけに、早く闘うことに慣れて、結果も出し、自信をつけてくれたら、こんなに嬉しいことはありません。

「暗い顔」を早く卒業させられるように、頑張って指導をしていきたいと思っています。

image2

image3

 

 

●少年体力・受け返しクラス

●少年スパーリング・ミットクラス

 

今日も多くの子たちが来てくれました!

 

二つに分けた稽古では、低学年を見ていたあかり先生から

「上段の受け、今回も構えをテーマにやりました。 うた君、こう君、れん君は意識してだいぶ良い構えになってきています。みんな、ガードはだいぶできてきています。最後にライトスパーをやりましたが、上の学年の子達ははじめの挨拶が出来ないのでやらせませんでした。」

との報告。

image4

スパーリングでは、もえかさん、りゅうのすけ君、たいが君らを中心に、多くの回数を行いました。

みんな、少しずつ上達しています。

 

先週は調子がイマイチだった、はなさんもイイ感じ。

 

支部内交流試合に向けて、更にギアチェンジしていきたいと思っています。

image5
 

●一般クラス

審査も終わり、各試合に向けた稽古内容にしています。

 

城西カップを控えた大坪さんが参加されていたので、スパーリングを多めに行いました。

 

技を当てるタイミングや、相手の攻撃のずらし方などに光るものがあります。

相手もしっかりと見ることができます。

気持も強い。

 

以前出場した城西カップでは早い段階で敗退したので、「今度こそは!」という気概を強く持たれているようです。

 

ぜひ、過去の自分に落とし前をつけてきてもらいたいと思います。

 

残りわずかですが、頑張っていきましょう!

 

 

他に、菅野さんは、積極的に全員と拳を交えて汗を流していました!

上田さんは、少し間が空いていましたが、キレのある技を見せていました!

かずま君、匠くん、丈君ら学生は、高い技術はあるものの、マイペース(苦笑)

堀井さんは、久しぶりで、感触を確かめるように稽古に取り組んでおり、橋本先輩は、多分食べ過ぎで体が重たそうでした(笑)。

image6

みなさん、今週もおつかれさまでした!

 

 

土曜日の指導(9月24日)

 

里山です。

 

 

今週はぐずついた天気が続いていましたが、道場の稽古は、生徒の活気に満ち溢れて、快晴そのもの!

 

 

今日も5クラス指導に入りました!

 

 

 

●幼年クラス

 

今日も皆、いい笑顔とやる気に満ちた表情で、頑張っていました!

img_1578

全体で基本稽古の後は、二つに分けての稽古。

 

白帯は

「体力の稽古のあと突きの連打をやりました。

しょう君、しん君が、どんどん強くなってきています。

こうせい君も強い突きで相手をふっとばしてました(笑)

はるま君はいつもは稽古に入ることすらできないですが、今回は途中までやれたのでだいぶ成長していると思います。」

 

と、あかり先生からの報告。

 

色帯以上は、ミットで中段回し蹴りの連打。

 

しょうたろう君とゆうと君は、左足で強烈な蹴りを炸裂!

こうせい君、うた君、いってつ君も威力が出ていました。

しんたろう君は、正確なフォームを意識して、頑張っていました!

img_1579

●少年初級クラス

30名ほどの子たちが来てくれました!

 

基本稽古の回し蹴りでは、二人一組。

立っている相手の急所へ、当てないようギリギリに蹴りを出す。

 

みんな上手に狙って蹴ることができていました!

 

ただ、うた君、こうせい君コンビは、お互いの顔に、それぞれの蹴りがかすかに当たって、お互いにブーブー言っていました。

「どっちもどっちだろ」と思いながらも、二人をなだめました(笑)。

img_1580

二つに分けた稽古で、下の帯の子たちの様子をあかり先生が伝えてくれました。

「体力の稽古のあとは、前蹴りの蹴りこみ、ミットを使って上段のまわし蹴りの受けをやりました。

はるとも君、ゆうき君、りき君がすごく良い蹴りを出しています。

特に、ゆうま君はミット1つでは持ち手の子が耐えられないほど強い前蹴りを出していました。」

img_1581

●少年体力・受け返しクラス

●少年スパーリング・ミットクラス

 

30名程での稽古。

今日、彼らに尋ねると、ほとんどの子たちが支部内交流試合に参加すると挙手してくれました。

img_1582

その中でも、ひろき君、えいきち君、ろうま君ら、ずっと迷っていた6年生の子たちも出場すると覚悟を決めたようでした。

 

 

彼らに関しては、とても気になっていました。

 

好戦的なタイプではなく、真面目でいい子たちだけに、

「ひょっとしたら組手の試合には向いていないのかな」

と思うことはしょっちゅう。

 

実際にこれまでも、試合に出るにあたって、一筋縄にはいきませんでした。

大泣きして拒否したり、「辞める」と言ったり、道場から足が遠のいたり、スパーリングの稽古だけは、長い間行わなかったり・・・・

 

試合を勧めるということは、乱暴な言葉で言えば、「相手をぶっ飛ばしてこい」と言っているようなもの。

 

普通の感覚なら、そういった拒否反応が出るのが当たり前です。

 

 

ただ、その一方で、試合は決して暴力などではないこと、そして闘いの先で掴むことのできる、かけがえのない“財産”があること、そういったことが分かっているからこそ、勧めることができる。

葛藤はあるものの、やはり

「乗り越えてほしい。逃げては欲しくない。」

そんな思いだけは、常にありました。

 

そして、ここにきて出場を迷っていたこの三名が、決断をしてくれたその勇気には、こちらも奮い立つものがありました。

 

彼らにとって、おそらく小学生最後の試合となるでしょう。

ですが、長年、稽古を積んできている3名です。

実力は着々と蓄えてきています。

そういう意味では、高い可能性を秘めている子たちばかりです。

 

11月の支部内交流試合で彼らには、本当に素晴らしい”財産”を掴んでいってほしいですし、、きっと掴めると信じています。

そしてそのために此方も、もっともっと本気にならなければならないと思っています。

img_1584img_1583

●一般クラス

今日は、アンドレイさん、フランチェスコ君親子が、初参加。

まだ、入門して間もないですが、一生懸命頑張っていました!

 

そのお二人ですが、日本語がほとんど話せないらしく、指導は英語でのコミュニケーション。

とはいっても私ではなく、大釜さん、村井さんの外資系企業にお勤めの二人と、ハーフのルーク君に手伝ってもらいました(苦笑)

 

三人とも英語が堪能で、とても助かりました。

特にルーク君は、いつもの頼りなさが一切なく(笑)本当に頼もしく、カッコよかったです。

この時ばかりは「英語をしゃべることができたらな・・」と、強く思ってしまいました(苦笑)

 

稽古終了後には、英語が得意な3人と浜田先輩とで

「あの技は英語でなんて言うの?」

「この体の部位は何の単語?」

とプチ英会話教室に(笑)

 

「なるほど~」という、発見が多くありました。

 

今日は違った意味で頭を使った、いい稽古になりました。

image1-1

 

今週もおつかれさまでした!

土曜日の指導(9月17日)

 

里山です。

 

 

HPに、埼玉県大会で、あしたか君、こうのすけ君、せいたろう君、ゆう君の4名の子たちが入賞したとのお知らせ。

 

みんな凄いですね!

 

特にこうのすけ君、せいたろう君、ゆう君は、これまで結果が出ていなかったぶん、本人やご家族の方々は、本当に嬉しかったと思います。

 

 

ゆう君などは前日の稽古でも、スパーリングで、やられる場面があり、私も「まずいなあ・・」と、若干困惑気味。それだけに、ホッと一安心。

 

 

逆にせいたろう君は、全く緊張感が無く騒ぎまくっていたので(苦笑)、別の意味で「まずいなあ・・」と、思っていたのですが、子供とは分からないものですね(笑)

 

 

とにかく、三軒茶屋道場が好調をキープしているのは、何よりです!

 

 

今日も5クラス指導に入りました!

 

 

 

●幼年クラス

 

今日は、いつもより人数が少なめだったので、全体で基本稽古。

 

なかなか手強いそら君も、頑張って言うことを聞いてくれました!

 

その後は二つに分けての稽古。

 

下の帯は、

「体力の稽古と中段回し蹴りをやりました。 さくと君、なおふみ君、しん君はだいぶ強い蹴りを出せるようになってきてます。」

と、あかり先生からの報告。

 

 

上の帯の子たちは、コンビネーションのミット稽古を行いました。

 

少し難しい内容でしたが、こうせい君はキレ、威力共に合格点!

うた君は、もう一息ですが、コツさえつかめば問題ないでしょう!

いってつ君は頑張って、とても高いところを蹴れていました!

れん君は、本気は出していませんでしたが、かなりの潜在能力を秘めているのが分かります。

 

みんな、今後が非常に楽しみです!

img_1439-2

 

●少年初級クラス

審査も終え、11月の支部内交流試合を始めとする、各大会に向けた稽古。

 

多くの子たちが来てくれました!

 

白帯、オレンジ帯は

「基本、移動、型、左の内またの蹴りこみ、コンビネーションをやりました。 型は太極1をやりましたが、白帯の子達やオレンジの子達もしっかり覚えてきています! 内股の蹴りは、白帯のけんと君のキレがすごく目立ってました! さこん君、はるた君、りゅうのすけ君も凄く良い蹴りを出してました!」

 

という、あかり先生からの報告!

img_1440

青帯以上は、ミットでのコンビネーションやラッシュの稽古を行いましたが、途中、ダラッとした雰囲気が漂っていたので、彼らに言いました。

 

「4月の支部内交流試合では、三軒茶屋道場から多くの入賞者が出たけれど、11月の試合では他の道場の子たちは、目の色変えて三軒茶屋道場を倒しに来るぞ。他の道場の先生たちも、君たちの弱点をどんどん突いてくる。今みたいな稽古をやっていたら、全員1,2回戦負けだって有りうる。痛い思いして負けて、悔しい思いしてから、気付くのか?それとも、今、気付いて、そうならないようにするのか?考えなさい」

と。

 

その後は、気持ちの切り替わった稽古になっていました。

 

やるだけのことをやって、ダメなら、何も言いません。

しかし、気の抜けた稽古、怠慢な練習は、試合の相手に対しても、応援してくれる人たちに対しても、そして自分自身に対しても、当然のことながら失礼以外の何ものでもないのです。

 

彼らにとっては少し難しいことかもしれませんが、それに気付かせることも指導者の務めだと思っています。

 

 

ただ、私もアレコレ言いますが、基本的には、みんな頑張っていると思います(笑)

img_1441

 

●少年体力・受け返しクラス

●少年スパーリング・ミットクラス

 

久しぶりに、たいが君、くうが君兄弟、ひろあき君、みきと君兄弟も来てくれました!

元気に汗を流していました!

img_1443

試合に向けて、全体的には、意識や、技術、強さのレベルは、いい感じに上がってきています。

 

あとは、各個人の特徴や課題をどれだけ伸ばしたり、改善できるかになってくると思います。

そして、モチベー―ションをどれだけ高く保てるか。

 

やはり、なかなかやる気に火が付かない子も、中にはいます。

あきらかに、「やりたくなさそうだな」と感じる子も。

 

ただ、だからと言って

「はい、そうですか」

と、引いてしまうのは、個人的には、指導者として違う気がします。

しかし無理強いするのも、本音ではやりたくない。

 

となると、根気強くコミュニケーションを取りながら、その子にとってベストの選択を考えさせるしかないのかなと、思います。

 

週一の指導ですが、他の先生方の力になれるように、自分のやれることをやっていくしかないと思っています。

img_1444

●一般クラス

 

今日は、村井さんの友人の方が、体験に来てくれました。

蒸し暑い中での稽古でしたが、浜田先輩に付いてもらい、一生懸命汗を流していました!

道場の仲間になってくれると嬉しいですね。

 

今日は、途中、下突きと下段回し蹴りの打ちこみを行いました。

 

下段では、大釜さんと真崎さんが、共に威力のある蹴りを出していました。

お二人とも体格的には必ずしも恵まれているわけではありませんが、その分、体の使い方で威力を補っています!

 

スパーリングでは、高瀬さんが茶帯の村井さんに、喰らいついていました。まだまだ、村井さんの方が上の実力ですが、その覇気はとても大事です!

 

また、ルーク君も、癖はあるものの素質の片鱗を垣間見せていました!

本人はあまり気付いていないようですが、とても良いものを持っています!

 

 

最後の集合写真は、先日の横浜カップで準優勝して自信満々の丈君に対して(笑)、「宣戦布告」をする大輝君とルーク君(笑)

 

2人は、丈君に追いつけ、追い越せで、ぜひ頑張ってください!

 

大人の方たちは、「我関せず」とばかりに、知らんふりをしていますが(笑)

image1-3

 

 

今週もみなさん、お疲れ様でした!

 

 

土曜日の指導(9月10日)

 

里山です

 

 

プロ野球では、広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を飾りました。

 

一時は球団存続の危機にもあった状況からの、復活劇。

 

黒田投手、新井選手を中心にした数々のドラマが、優勝をより一層引き立たせててくれます。

 

カープファンではなくても、こみ上げるものを感じた人は多かったのではないでしょうか?

私もつい、ウルッときてしまいました(笑)

 

この勢いで、ぜひ日本一を目指してもらいたいものですね。

 

 

今日も5クラス指導に入りました!

 

 

●幼年クラス

明日の審査を迎えて、受審する子供たちは、しっかりと稽古に取り組んでいました!

img_1306

白帯は、まだ幼年ということもあり、拙いところは多々あります。

それでも、瞬きもせず真剣に先生の言うことを聞こうとする様子や、大きな声で取り組む姿は、武の道を歩むに十分に値する稽古態度だと感じます。

 

年齢に関係なく、物事を一生懸命行う姿を観るのは、やはり気持ちのいいものです。

 

そういった好影響を作り出しているだけで、彼らの存在意義は非常に高いものだと感じます。

 

明日の審査を終えて、一皮むけた、ちょっと「大人」になった彼らの姿を、来週見られるのを楽しみにしています!

img_1307img_1308

 

 

●少年初級クラス

 

審査前日のため本番を意識した、稽古を行いました。

 

まやさん、ゆうと君、りょういちろう君、しゅんすけ君らは、バッチリの動き。

 

彼らは皆、とても真面目な生徒だけに、こちらも早く昇級してもらいたいと感じる生徒たちです。

明日の審査が、楽しみですね。

img_1309

あかり先生から下級の稽古の報告として

「移動の後は型、前蹴りの受けをやりました。 型はまだ順番を覚える段階ですが、12月に型試合があって、出たいと言ってる子が結構いるので今のうちから少しづつやっていこうと思います」

とありました。

 

上級の方は、ミット稽古で後ろ蹴りを行いました。

 

形はみんな、サマになってきています。

あとは、より精度を上げていくだけ。

 

ただ、そのレベル向上の段階でみんな悪戦苦闘していました(笑)

 

それでも、えいきち君、しゅんす君は、繰り返す中で、だいぶ質が上がってきて良かったです!

img_1310

 

●少年体力・受け返しクラス

●少年スパーリング・ミットクラス

 

今日は第二土曜日で、いつもより人数が少なかったのですが、スパーリングクラスには萌花さん、りゅうのすけ君、わたる君の強豪3人がそろいました。

 

その3人に対して、きょうへい君、こたろう君らは、若干青ざめながら(笑)、スパーリングでは胸を借りていました。

img_1311

三人の中での実力は、やはり萌花さんが頭一つ出ていますが、りゅうのすけ君、わたる君も工夫や努力で、追い抜こうと頑張っています。萌花さんもは抜かせまいと、どんどんプレッシャーをかけてきます。

 

三人とも、負けず嫌いでしっかりと努力を積み重寝ることのできる優秀な生徒たちなだけに、向上する上では理想的な関係といえるでしょう。

 

レベルの高い競い合いは、こちらも触発されます。

 

三人とも、道場にとって非常に大きな宝の存在なだけに、もっともっと能力を引き出せるよう指導していかなければと、改めて思います。

image2image1-2

 

 

●一般クラス

今日は、久しぶりに、大坪さんが参加してくれました!

蒸し暑い中でしたが、航君のお父さんだけあり、気合いいっぱいで汗を流されて、頑張っていました!

ぜひ、また、参加してください!

image4

また、稽古後には、横浜カップで優勝した目さんが挨拶に来てくれました。

 

激戦の傷跡が、あっちこっちに見られました。

それだけ激しい闘いだったことの証です。

身体はキツそうでしたが、それでもスッキリした表情だったことが何より。

 

試合の動画も見せてもらいましたが、初めての素手素足の試合で、あれだけ闘えれば十分です。

落ち着いて闘えていた良い内容でした。

 

特に試合を勝ち上がるに連れて、目さんの持ち味がどんどん出ていて、余裕さえ感じられるほど。

セコンドに付いてくれた、加藤先生の存在も頼もしかったようです。

 

すでに次の試合を視野に入れていることも話してくれ、目さん持ち前の、アグレッシブさが、とても印象的でした!

 

 

また、極真際で優勝して、見事日本一に輝いた菅野さんとも、練習後にいろいろと話をさせてもらいました。

個人的に感じていたのは、年齢やお仕事の状況の中で、よくあれだけの稽古量をこなされたということ。

 

ご本人はいつも笑顔で、苦しさをおくびにも出さないから分かりづらいですが、話の様子から、相当な過密スケジュールとストレスとの闘いだったことが理解できました。

 

その中でも、絶えず「前に進もうと」と取り組む姿勢。

特に時間を無駄にせず、「やれることはやる!」を地で行かれた姿は、圧巻です。

それこそ歩いている時間も、通行人を試合相手と見立てて、シミュレーションを繰り返したり、お盆休みも田口支部長の計らいで、道場での自主トレの許可をいただき、暑い中、連日スタミナ稽古にも打ちこんでいたことなど、他にも、ここでは書ききれない色々な工夫と努力を、多数聞かせてもらいました。

 

まさに「日本一」にふさわしい、稽古をされてきました。

 

詳しくは、9月23日に19時から道場主催で菅野さんの祝勝会が行われるので、その時にいろいろとお話を伺うと良いと思います。

とても勉強になるはずです。

 

 

目さん、菅野さんともに、本当におめでとうございました!

image3

みなさん、今週もお疲れ様でした!

 

 

 

 

土曜日の指導(9月2日)

 

里山です

 

横浜カップでは、目さんが一般新人戦で優勝、丈君は中学2,3年55kg以上の部で準優勝。

朗報です!

ホームページでの結果報告の写真も、二人ともいい表情(笑)

 

目さんは、限られた時間や稽古量、そして年齢というハンデを乗り越えての優勝。

知力、気力、体力をフルに使って、本当に頑張ったことと思います。

 

丈君も、上の学年の子もいる中での準優勝は、来年以降に更に大きな弾みとなるでしょう。

 

 

三軒茶屋道場は今年に入って、出場するほとんどの大会で、誰かが入賞するという絶好調ぶり!

 

夏以降も、この勢いのまま、突っ走っていきましょう!

 

 

今日も5クラス指導に入りました!

 

●幼年クラス

審査申し込み締め切り直前ということで、技の見極めを中心に稽古。

IMG_1224

白帯の方からは

「心くん、真くん、あおい君、あんじゅさん、さくと君、けんと君に審査の紙を渡しました。

こう君は、月曜日に最終チェックをします。

今日は心くん、さくと君、まやさんを中心に、皆凄いがんばりでした!」

 

と、あかり先生からの報告!

 

色帯以上は、みんな、非常に頑張っていましたが、中でもいってつ君の気合は、誰にも負けないぐらいに、目だっていました!

IMG_1225

●少年初級クラス

新学期も始まりましたが、まだ、夏休みの余韻が残っているような子も何人かいました(笑)

 

基本稽古では、そういうのんびりした子の目を覚まさせるため、途中から、テンポを速めました(笑)

慌てながらも、少しずつシャキッとしてきた様子がおかしかったです(笑)

 

 

上級の方では、移動稽古、型では青、黄色帯共に、受審レベルに来ている子も何人かいました。

何名かの子には申し込みを渡しました。

 

こちらも、半分ボーっとしている子に、受審許可の話をすると、目がシャキッとし始めていたのが印象的でした(笑)

げんきんなものです。

IMG_1226

下級の子たちは

 

「こはく君、石橋蓮くん、みなこさんに審査の申込をわたしました。

受け返しは下段、上段、突きの受けをやりました。

みんな基本的な受けは出来てきているので来週からは前蹴りの受けもやっていこうと思います!」

 

というあかり先生からの報告がありました!

IMG_1227

 

●少年体力・受け返しクラス

●少年スパーリング・ミットクラス

 

航くん、こうすけ君らが、久しぶりに土曜日に来てくれました!

 

航くんは動きや強さに更に磨きがかかって、抜群の動き。

厳しい稽古を積み上げてきているのが、手に取るようにわかります。

 

りゅうのすけ君にも互角以上の闘い。

今後の大会でも大きく飛躍していくことでしょう。

 

その航くんを見るたびに

 

「切り結ぶ太刀の下こそ地獄なれ 踏みこみ見れば後は極楽」

 

という、武道の極意を思い出します。

 

小さい体で、これまでも練習や試合で本当に多くの痛さや辛さを、経験してきていることと思います。

その過酷な「地獄」から、よく逃げ出さずに、踏み込んでいっていると思います。

 

だからこそ今、少しずつ「極楽」に入りつつある。

 

全国区を含めたビッグタイトルには、もう手が届く位置に来ていると、他の先生からも聞いています。

 

航君は極真らしさを持つ、数少ない生徒。

これまで、幾多もの辛酸をなめてきている分、本当に頑張ってほしい生徒の一人です。

IMG_1228IMG_1229

IMG_1231IMG_1232

 

 

 

●一般クラス

久しぶりに真崎さんが稽古に参加してくれました!

約2年ぶりです。

 

多忙なお仕事のためとのことでしたが、ブランクを感じさせない動きはさすが。

聴けば、補強は毎日続けていたそうで、その継続力には頭が下がる思いです。

 

 

また、2年ぶりとまではいかないですが、本間さんも久しぶりに参加。

キツそうでしたが、こちらも汗びっしょりで、頑張っていました!

 

 

image1

 

稽古は

基本→補強→移動稽古→ミットで突きのコンビネーション→スパーリング

 

の流れ。

 

スパーリングでは、匠くんvs大倉くん、堀井さんvs大倉くんが激しく打ち合っていました。

 

若くて、体も大きい大倉くんは、確かに強いですが、小柄ですが微妙に技の衝撃をずらしてダメージを抑える匠くんの技術もさすが。

 

匠くんからは、先週、一流企業に内定が決まった報告を受けましたが、2人とも6,7歳ごろからの道場生です。

 

すっかり大人になって、不思議な感覚を覚えました(笑)

 

それでも、「自分も年を取ったなあ」とは言いたくない意地のようなものは、ずっと持ち合わせていたいものです(笑)

image2

みなさん、今週もお疲れ様でした!

 

 

 

土曜日の指導(8月27日)

 

里山です。

 

もうすぐ8月も終わりですね。

 

今月は珍しく、近藤先生や金久保先生と会う機会に恵まれて、いつもと違った月になりました。

皆さんもいろいろと思い出の残る月だったのではないでしょうか?

 

そんな祭りの後の寂しさのような感情が、どことなく残るこの時期。

今日も、気合入れて5クラス指導入りました!

 

●幼年クラス

 

今日は、3~4年前まで道場に通っていたカホさんの弟が体験に来てくれました。

 

当時、カホさんが「弟が生まれた!」「面倒を見ている!」と言っていたのを覚えています。

その弟さんが体験。

ちょっと不思議な気もしました(笑)

 

帰り際に「どうだった?」と聞くと「面白かった!」と答えてくれました。

 

お姉さんは、とても攻撃力があったのが印象的でした。

きっとその資質を受け継いでいるものと思います。

入門してくれると、いいですね!

IMG_1128

 

稽古は9月11日の審査に向けた内容。

 

あかり先生からは

 

「まやさんには審査の紙を渡して、せな君、翔くん、真くんにはできてない技があったので、そこをなおしたら審査の紙を渡すと伝えてあります。」

 

との報告がありました!

IMG_1129

●少年初級クラス

 

審査間近ということもあり、見極めをしながらの稽古。

 

黄色帯の子たちは、受審してもらいたい子たちが多いのですが、なかなか基準に達していません(苦笑)

のんびりした子たちが多いので、なかなか苦労しています。

どちらかというと、これまでスパーリングに重点を置いて、基本や型に意識があまり向いていない様子。

 

逆に青帯の子たちは、腰の落ちた前屈立ちや、スピード、キレなどに長けています。

この世代は、組手の試合だけでなく、型試合もモチベーションとして質を上げてきた感が非常にあります。

 

やはり、良い意味で競争の原理が働くと能力が高まっていくのは明らかだなと感じます。

 

これが更に、相手の有無に関わらず自らの向上を求めていくというところにまでいけば、なにをやっても成功できる人になるのでしょう。

 

大人でもなかなか難しい境地ではありますが、そういった所も目指してもらいたいと思います。

IMG_1130

下級の様子はあかり先生から

「審査に関しては、はやと君、けんと君、ましゅう君、れん君は来週もみて出来ていたら紙を渡そうと思います。
受けの練習では今日は構えを崩さない事をテーマにやりました。みんなバッチリです!」

との報告がありました!

IMG_1132

●少年体力・受け返し

●少年スパーリングミットクラス

 

極真祭で優勝した、もえかさんも参加。

体調は、まだ完全ではないものの、ホッとした様子で稽古に来てくれました。

 

その極真祭の動画も見ましたが、前回の課題をしっかり克服しています。

国際大会から4か月しか経っておらず、また、殆ど稽古ができていない中での修正。

相当に意識が高く、また、賢さを感じます。

こうなると、彼女の成長は天井知らずになっていくことでしょう。

凄いことです。

 

スパーリングでは、そのもえかさんに、りゅうのすけ君が何度も胸を借りていました。

 

りゅうのすけ君もかなりの実力者にもかかわらず、終始ペースを取らせないもえかさんの強さは、やはり際立ちます。

伊達に全日本王者ではないなと、感じさせてくれます。

IMG_1133IMG_1134

また、そのりゅうのすけ君に挑んだ、むらたゆうき君も頑張っていました。

強烈な上段回し蹴りを喰らいながらも、「やります。大丈夫です。」と意地でも引かない様子。

大事を取らせて休ませましたが、その意気込みはたいしたものです。

 

愚直なまでに真面目に稽古をするゆうき君。

 

試合初デビューとなる、秋の支部内交流試合では、何かやってくれそうな予感でいっぱいです。

IMG_1137IMG_1136

●一般クラス

スパーリングでは、横浜カップに出場のじょう君、支部内交流試合に出場予定のたいき君の中2コンビが、基立ちを行いました。

大人相手に、腰が引けそうになりながらも、一生懸命闘っていました!

image1

じょう君は、大人の方々からの評価も非常に高く、来週の試合は楽しみです。

 

たいき君は、久しぶりの基立ちにしては、動けていたと思います。

この時期から、支部内を見据えての稽古は、良い姿勢です。

大きな可能性を秘めた生徒だけに、良い結果に結びつけてもらいたいものです。

 

最後の集合写真は、その中2コンビの提案で、オリンピック3連覇を成し遂げた「ボルトのポーズ」

 

きっと、「俺たちも大舞台で何連覇もするぐらいに強くなるぞ!」という意識の表れだったのでしょう(笑)

image2

今週もおつかれさまでした!

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ