土曜日の指導(7月3日)

里山です

 

 

いよいよ、なでしこジャパンがワールドカップファイナル。

 

 

本当に良い試合や心温まるようなエピソードに、日本中が沸き、応援していることと思います。

 

是非、有終の美を飾ってもらいたいものです。

 

 

また、ブラジルでは支部開設40周年のビッグイベントが開催されているようです。

 

国別団体戦や型試合をはじめ、様な催しが行われるようで、松井館長はじめ、世界中から多くの極真関係者がお祝いに駆けつけているようです。

 

 

詳しい模様は、月末に発行されるワールド空手に掲載されることと思います。

 

個人的にはとても気になります。

 

 

 

●幼年クラス

 

雨がちらつく中、10名以上の子が参加してくれました!

 

今日もみんな、元気いっぱいです!

 

白帯のゆうた君は顔から汗のしずくをいっぱい流しながら、頑張っていました。

入って間もないですが、余計なおしゃべりもせずに、毎回真剣に取り組んでいます。

 

優しそうな表情と、とてもまっすぐな眼差しに、芯の強さやスケールの大きさを感じます。

身体も大きく、将来が非常に楽しみです。

 

また同時期に入った、うた君もおとなしそうな顔をしていますが、運動神経が非常に良い。

稽古中には野性的な動き、スピードを垣間見せます。

彼もどんどん稽古をしていけば、すぐに強くなっていくように思います。

 

途中からは二つに分けて稽古。

オレンジ、青帯は、ミットでの中段廻し蹴りの後に、最後に先生と相撲をしました。

 

全員vs先生。

 

力を合わせて、押してきました!

 

2回目にはみんなの力が弱かったので、「押し方も考えてごらん!」と何点かヒントを上げました。

そして自分たちで作戦を考えさせました。

なにやらゴニョゴニョと話合っていました()

 

その後に相撲を再開すると、あっという間に私が負けました
「凄いね!どういう作戦を考えたの?」と尋ねましたが、うれしそうにしているだけで「?」といった様子でした()

 

何をしたのか覚えていなかったのでしょうか?()

 image1 (1)

●少年初級クラス

 

今日も皆、汗いっぱいに頑張っていました。

 

基本稽古からかずき君と、うきょう君がフルパワー、フルの気合いで際立っていました。

他の子も一生懸命やるなか、二人も継続して、いつも全力で取り組んでいます。

 

見ていて、とても気持ちのいいものです。

 

 

前蹴上げでは、写真にもある通り、あらた君がとても高い綺麗な蹴りを見せていました。

気合は小さいですが、蹴りのスケールは抜群に大きいです()

 

 

途中からは二つに分かれての稽古。

 

青帯以上は、ミットでの膝蹴り。

だいぶ上達しているので、今日は「スイッチ」からの膝蹴りを行いました。

 

最初こそ、しっくりこない子が多かったですが、えいきち君や、かんたろう君、あらた君ら上手な子のお手本を見せてもらったり、何点かポイントをアドバイスすると、メキメキと上達していました。

 

最初は「上手になるのに何週間か、かかるかな?」と思っていましたが、改めて子供たちの順応力の高さを感じました!

 image2 (1)

 

 

 

●少年中級クラス

 

今日はひろあき君、みきと君も参加してくれました。

 

試合間近のしゅうすけ君も久しぶりに参加。

 

いつものように多くのメニューに取り組ませました。

 

 

補強での逆立ちでは、ろうま君がきっちり一分間こなしていました。

ただ、何人かの子の補助の仕方が拙く、行っている子もやりづらそうでした。

 

逆にブリッジでの補助はだいぶ上手くなってきています。

 

以前は、後ろに倒れる相手の子に対しても、そのまま見過ごすとか、しっかりと支えようとしないために相手の子が軽く怪我をするという場面も何度か見ました。

 

いい加減に行って自分が怪我することに関しては、本人の問題だからまだいい。

しかし、そのいい加減さ故に他の人にしわ寄せがいくようなことは、あってはならない、だから人のためにも一生懸命稽古に取り組みなさい、そんなことは時折話します。

 

 

武道は確かに自分を守るという側面もありますが、深く掘り下げれば、誰かのために生きるという生き方になっていくはずです。

 

そのために「個」が強くなくてはならない。

決して、自分一人のために行うものではありません。

 

 

ただ、個人競技という性質上、そこまで認識させるのはまだまだ弱いように思えます。

 

そういう意味では、なでしこジャパンで顕著なように、団体競技での方が強い社会性が見られる気さえします。

 

指導者として、強化していかなければいけない事項の一つだと感じます。

 

 

 

内股蹴りのコンビネーションでは、はやと君がとても強烈な蹴りを出していました。

大人用のミットでしたが持ち手のうきょう君がキツそうでしたので、ミットをもう一つ持たせました。

 

二年生とは思えない蹴りです!

 

ゆうき君、りゅうのすけ君、もえかさん、ばんじょう君らもとても強い蹴りを出していました!

 image3 (1)

 

●一般クラス

 

 

関東大会まであと2週間。

 

出場者の鈴木さん、益田さん、もえかさんらは最後の追い込みがんばっていました。

 

 

メニューは

 

基本→補強(サーキット)→内股のコンビネーション蹴り込み→可動域増幅の蹴り→受け返し→スパーリング→息上げ→蹴り込み→腹打ち

 

 

 

先週とほとんど変わらないものですが、大会出場の鈴木さん、益田さん、もえかさんらは、調子は上向きです。

 

鈴木さんの下段を久しぶりに受けましたが、非常にキレと重さが増していました。

痛かったです!()

 

 

 

また、今回初参加の目さんの奥さんも、精力的に先輩にスパーリングの相手をお願いしていました。

 

学生時代はバトミントンをしていたようで、瞬発系の動きが長けているように見えました。

だんなさんも、「奥さんに抜かれるのではないかとヒヤヒヤしている」と笑っていました。

今後が楽しみです。

 

 

最後には久しぶりに内股蹴り以外の蹴り込みも行いました。

 

種目は各自に任せましたが、堀井さんは、ものすごい中段廻し蹴りを出していました。

もはや壮年の域ではないですね()

本格的に全国レベルの試合でのタイトルを目指せるように思います!

 

 

 

最後の集合写真ですが、何のポーズかわかりますか?

  image5 (2)

 

 

正解は、まさに今が旬のなでしこジャパンです(苦笑)

 

じょう君が「これしかないでしょ!」と考えてくれました!

その心使いがうれしいですね!

 

 

ただ、ポーズはガタガタでしたが(苦笑)

 

 

みなさん、今週もお疲れ様でした!

 

土曜日の指導(6月27日)

里山です。

 

 

昭島道場の大澤君が世界大会出場が決まりましたね。

 

「せたひが」から日の丸を背負う選手が出ることは、とても嬉しいことです。

子供のころから手塩にかけて育成してきた真銅先生も、感慨深いものがあることと思います。

 

 

大活躍をぜひ期待したいものです!

 

 

また、日の丸と言えば「なでしこジャパン」が、いよいよベスト4まで上がってきました!

 

4年前の歓喜の再現を、また見たいものです。

 

きっと、やってくれることでしょう!

 

 

本日も4クラス指導に入りました。

 

 ●幼年クラス

 

今日も元気に、みんな稽古をしていました!

 

 

補強ではラダーを使って、様々なステップを行いました。

少し難しいステップを行うと上手にこなす子もいれば、とても時間がかかる子も(笑)

 

途中、大渋滞が起きていました(笑)

 

また「梯子」の部分を「爆弾」や「火」「う●ち」などになぞらえて、「踏まないように気を付けろ~!」 と言うと、大変盛り上がってくれていました(笑)

 

 

途中からは二つに分かれての稽古。

 

白帯はあかり先生の指揮のもと、たくさん補強やミットを行っていました。

とても大きな声が聞こえ終わった後は、みんな汗びっしょりになっていました!

 

 

上級の方はミットでの突き。

ひろあき君、そうじろう君はとても強い突きを打っていました!

 

ひろあき君に関しては持ち手のみきと君が、あまりの衝撃にミットを三個重ねて持っていました(笑)

跳び箱ぐらいの厚みになっていて、思わず笑ってしまいした。

 

 

るなさんも最後の方は、男の子に負けないような強い突きになっていて、よかったです!

image1 (1)

 ●少年初級クラス

 

蒸し暑い中、大勢の子達が稽古に参加!

集中力が途切れて、何人かの子は私に怒られながらも、汗いっぱいに頑張っていました!

 

 

補強では「指立てキープ」「腹筋キープ」「おんぶスクワット」のメニュー。

 

「指立てキープ」では、「指が折れるう~」と何人かの子は絶叫しながら40秒間姿勢を保持(笑)

最後までできた子はあまりいませんでしたが、握力は強い突きのためには大事な部分。

時間を見つけては行っていきたいと思います。

 

また、「腹筋キープ」は仰向けでかかとを床から5㎝挙げてのキープ。40秒と短めでしたが、ここでも何人かの子は「ギャー」と大げさな声を出しながら、頑張っていました(笑)

 

だいたい騒ぐ子はいつも同じです(笑)

 

 

途中からは二つに分かれての稽古。

 

上級は毎週行っているミットでの膝蹴り。

 

複雑な膝蹴りのコンビネーションも混ぜた10連打も行いました。

 

こうすけ君、ゆうた君、ようせい君、ともはる君、たつひろ君、じゅんぺい君、むらたゆうき君、きょうへい君、けいじ君、うきょう君、きょうこさんらは、威力や上手さが目立っていました。

継続しているせいか、だいぶ板についてきました。

名前を挙げられる人数もだいぶ増えてきています!

良い流れです。

 image2

 

また、今日はある男の子が最初からダラダラしていたので、キツく叱りました。

先週あたりから様子が変でしたが、休憩時間に話を聞くと、「いろいろと習い事をしていて疲れた・・」とのこと。

特にある教科の習い事が一番つらいと。

涙を浮かべて話してくれました。

 

時間がなかったので、詳しくは次回に聞こうと思い中断しましたが、話を聞いてよかったと思いました。

 

確認はしないといけませんが、「勉強の習い事がきつい」というよりは、おそらく「その教科を理解できていない」ことで疲れや辛さが出ているのだと思います。

 

科学的なデータでもあるのですが、勉強が分からないと様々な症状が弊害として出てきます。

眠気、無気力、怒り、疲労、集中力の欠如、批判的、やったことを覚えていない、目やお腹に異変が出るetc・・、人によって様々ですが、そのような状態に該当するのではないかと感じました。

 

 

ある時期までは、非常にまじめに取り組んでいた子です。

 

もちろん、他の原因があるのかもしれません。

 

ただ、いずれにしても本人と話をすることで、いろいろなことが見えてきて、状況の理解や解決策のヒントにもつながると改めて実感しました。

 

また、子供たちも話を聞いてもらうだけでも、モヤモヤしていたものが取れたり、こちらとの信頼関係も築けていけるのではないか。

 

 

私が小学校高学年の時の先生は、良いことも悪いことも含めて、少しでも子供に変化を感じると色々とコミュニケーションを取ってくれる方でした。

 

 若い女性の先生で、トラブルに対しては叱ることもありましたが、とにかく当事者たちと話していく中で解決の方向を探していくというような指導をされていました。

 

 

子供ですから他のクラスと一緒で、いろいろなトラブルや問題があり、私もだいぶ迷惑を掛けました。

しかし、その分本当にたくさんの話し合いの場を設けてもらいました。

同じような事を何度も繰り返して、先生も大変だったとは思いますが、その度に皆と根気強くコミュニケーションを取ってくれました。

そのおかげで卒業の時は、みんなと別れたくないような良いクラスにまとまっていたように思います。

 生徒も皆、その先生のことが好きでしたし全幅の信頼を寄せていました。

 

 

彼を見ていて、そんなこともふと思い出しました。

 

 

こども達の人数も多く、時間も限られていますが、あかり先生や匠先生と連携を取りながら、できる限りのことをやっていこうと思っています。

 

 ●少年中級クラス

 

DVDでは、成嶋竜師範の第16回ウエイト制決勝戦を見せました

ファイナルでの鮮やかな左上段での一本勝ち。

映画や漫画のワンシーンのようで、あまり空手の試合を知らない子にもわかりやすい映像です。

 

見ている子たちも「うわ~」「あれはキツイなあ~」「倒れた人、大丈夫なの?」とびっくりしながら、いろいろな感想を話していました!

 

今後も、様々な名勝負を見せていくつもりです。

 

 

スパーリングでは何人かの男の子に、もえかさんの相手をしてもらいました。

先週は調子が悪かったばんじょう君も、今週は睡眠バッチリのせいか、なんとか萌香さんに食らいついていました。

りゅうのすけ君も、同様に頑張っていました!

 

また相手を嫌がっていたなおゆき君も、やってみると途中までは非常に良い動き。

しかし後半急激に失速。

どこか怪我をしたのかと心配すると「ガス欠です」とのこと(苦笑)

 

「気持の問題だよ!」と叱りましたが、そんなことを堂々と言うなおゆき君が憎めなかったです(笑)

 

 

他には、かずさ君も、闘い方が少しずつ良い方向に向かっています!

 image3

image4 (3)

 

 ●一般クラス

 

かける君、たいき君らが久しぶりに参加。

 

今日も関東大会に向けた稽古を中心に、みなさん汗を流していました。

 

 

内また蹴りでのコンビネーションでは、かける君とじょう君の中1コンビにお手本を見せてもらいました。

 

二人とも部活で稽古にはあまり来られませんが、非常に良いセンスをしています。

強力な伸びのある蹴りは、今後の可能性を大きく感じさせるとても素晴らしいものです。

 

 

かける君などは、初の二段蹴りの練習を「できるかなぁ~」と言いながらも、華麗で強い蹴りを披露。

 

大人の方たちも感心した様子で見ていました。

 

 

 

可動域を広げる蹴りの稽古も、少しずつ皆さん馴染んできています。

 

 

野田さんも後ろ回しの質が上がってきています。

橋本先輩の飛び後ろ回し蹴りは、予想に反してとても綺麗だったので(笑)、そのことを伝えると「またあ~」と言いながらも、まんざらでもなさそうな様子でした(笑)

澤地さんのロングの間合いからのミドルも良くなってきています。

 image4 (1)

 

スパーリングでは島崎さんが、鬼澤さんやじょう君ら後輩相手に、胸を貸して熱く相手をしてくれていました!

 

試合の近いけいと君も調子が上がってきています。

もともと技術は高いので、もう2ギアほど上げていけると、頂上も見えてくるように思えます。

image5 (1)

 

最後の集合写真のポーズは、稽古中準備が遅かった小中学生に罰として考えさせました(笑)

 

しかし一生懸命考えていたのは、たいき君だけ。

じょう君やけいと君などは知らんふり(笑)

かける君などは「僕、変顔しかないんです。それではマズイですよね?」と真面目に困っていたのが可笑しかったです(笑)

 

そんなたいき君の提案で芸能人の「ダイゴ」という方の「ウイッシュ」というポーズ。

 image6

テレビを殆ど見ないので、「ダイゴ」を良く知らず、「どういう時に使うの?」と聞くと「決めのポーズです!」とよく分からない答え(苦笑)

 

うろ覚えの「ダイゴ」を「あの人、こんなポーズするんだ」と意外に感じていたのですが、後から知らべたら、私が勘違いしていたのは「ガクト」でした(苦笑)

 

 

でも、名前も顔も雰囲気が似てますよね?

 

 

どうでもいいことですが(笑)

 

 

みなさん、今週もお疲れ様でした!

土曜日の指導(6月20日)

里山です。

 

本日もも4クラス指導に入りました!

 

 

●幼年クラス

 

青帯に昇級した、ひろあき君、みきと君兄弟が今日も元気な声で、みんなを引っ張っていってくれました!

他の子も負けじと頑張っていました!

 

 

基本稽古の打ちまわし蹴りでは二人組で向かい合い。

もうすぐ夏ということで、片方が扇風機のようにカラ蹴りで、相手に「風」が届くかどうかを行わせました。

 

受けている子から「風が来た~!」という報告もあれば、「全然来ない!」と冷たく言い放つ子も(苦笑)。

微妙な空気が流れつつも、言われた子はムキになってスピードを上げて蹴っていたので良かったです()

 

 

補強では「片足立ちバランス競争。」

思ったより、みんなバランスを上手に取っているので驚きました。

 

少し意地悪をして、「膝上げ」「バンザイ」「サルの真似」「黙想」などを行わせて、揺さぶりを掛けました()

それでも最後まで残っている子も何人かいました。

たいしたものです!

 

 

稽古後には昇級の帯を、るなさんに渡しました。

いつも真面目に取り組み、しっかりとした眼差しに意志の強さも感じる、るなさん。

今後、ますますの活躍を見せてくれることと思います!

 image2

 

●少年初級クラス

 

40名弱の子たちが稽古に参加してくれました。

 

 

補強ではジャンプを数種類。

「正座からジャンプ」「正座から反転してジャンプ」などをはじめ、いろいろなジャンプを他にもどんどん難易度を上げて行いました。

 

ともはる君は「ムリ!と言いながらも、できるととても嬉しそうでした。

かずき君も、とても楽しそうに行っていました。

 

 

途中からは人数を二つに分けての稽古。

上級の方は、最近継続している膝蹴りの蹴り込みです。

10連打や、突きと膝を混ぜたラッシュも行いました。

 

 

青帯のゆうた君、ようせい君、のむらゆうた君、じゅんぺい君や、お手本をみせてもらったこたろう君、たつひろ君らは、難しい連打やラッシュをを非常に力強く上手に蹴っていました!

 

試合で使える日も近い予感がします!

 image1 (2)

 

●少年中級クラス

 

関東大会に向けた稽古を中心に行いました。

 

補強では、毎週行っている、帯を後ろから引っ張るパートナーをタイヤ引きのように引く「帯引き」。

 みんなだいぶ足腰も強くなってきています!

 

その一方、今日のはなさんは全く前進できずに、少し元気も消えかかっていました。

 

そこで私が「ほらっ、ここに焼肉があるぞ!」と、少し先の私の掌に架空の焼肉を設定しました。

 

その途端、彼女は「やきにくぅ~!」と言って、私の手をつかまえようと、ものすごい力で前に進み始めました()

引っ張っているはやとくんは、何往復も引きずられていました()

 

あまりのギャップに、マンガみたいで笑ってしまいした。

 

人の潜在能力の実例を垣間見た瞬間です(笑)

 image3

 

 

スパーリングでは、ゆうき君ともえかさんは非常に調子が良さそうです。

 

もえかさんは上の学年の男の子たちを圧倒していました。

振り分けや上段のタイミングなど更にレベルアップしています。

 

ゆうき君も迫力満点のラッシュで試合がとても楽しみ。

 

あと少しですので、気を抜かずに稽古をしていってもらいたいものです。

 

 

また、休憩中に、ある男の子が「鹿児島の進学校を受験するので、中学からは三茶では稽古できない」と話してくれました。

少し寂しかったですが、「学校の近くに極真空手あるのかなあ~」と続けたそうな様子に、うれしい気持ちにもなりました。

 

それに続いて、ある子が「おれ、6年生になったら空手やめるんだ~」と言ってきました。

かまってもらいたそうな雰囲気を感じたので「ダメ。●●は絶対にやめさせな~い。退会届も受け取らない!」と返しておきました()

 

決してやる気満々というわけではない彼ですが、いなくなると思うと寂しい気持ちになります。

ですので、そんな彼が、ずっと続けたくなるような指導をしていこうと少しムキになっています()

 image4 (3)

 

 ●一般クラス

 

関東大会間近。

今日も多くの方が、一生懸命に稽古に取り組んでいました!

 

 

本日は久しぶりに長嶋さん、鈴木さやかさん、上田さん、そして6年ぶりの浜田さんも参加!

 

浜田さんは仕事で異動のため、離れたり戻ったりを繰り返されていますが、行く先々の極真道場で稽古はされています。

世田谷東歴の古参道場生でもあり、とても誠実でいつも全力投球で稽古に励む浜田さんに再会でき、とてもうれしかったです!

 

今後も継続して参加してくれるそうです。

 

 

ただ、久しぶりの三茶での稽古は、かなりキツそうでしたが()

 

  

関東まであと一か月ということもあり、短時間でのサーキット、息上げなどで更に高い出力を意識させながら、最後の追い込みのメニューを組みました。

 

 

鈴木さんは少しずつ調子が上がっています!

 

基立ちも、終了後に先輩たちから拍手されるような良い内容。

鈴木さんには容赦のない()長嶋さんからも、賞賛の声をもらっていました。

 

その長嶋さんも、審査を経たせいもあるのか、強さ上手さが更に増していました。

 

土曜一般クラスの「横綱」堀井さんとも互角、あるいは場面によっては呑み込むような打ち合い。

今後の展望もご自身の中にはあるようなので、引き続き邁進されることと思います。

此方としても、できる限りのサポートをしていくつもりです。

 

 

また上原さんも気迫のあるスパーリングが、更に凄みを増していました。

堀井さんや長嶋さんにも、引かずに果敢に打ち合う姿には正直驚きました。

 

市村支部長を思わせるような左の鎖骨打ちは、失礼ながらクラス最高齢とは思えないほどの強打。

 

これまで怪我なども多かったのですが、だいぶ体も慣れてこられたようで、今後が更に楽しみです。

 image4

 

他に、稽古後の丈くんとの自主稽古を楽しそうに行っていたけいと君は、なかなか本調子ではないようですが、試合までには仕上げてきてくれるでしょう!

 

 また、高瀬さんも、少しづつスパーリングでの突き蹴りの威力が上がってきています。

鈴木さやかさんは、夕方からの初心者クラスにも野田さんと一緒に参加。

金曜日の支部長クラスと3つ連続しての稽古と、非常に精力的に練習を積み重ねているようですね。

 

ぜひ佐藤さんのように、女子部の黒帯を目指していってもらいたいです!

 

 

稽古の最後には二人組で腹打ちを行いました。

 

もえかさんが相手がいなかったので、たまたま私がお腹を叩きましたが、小学生の女の子とは思えない硬さにびっくりしました。

 

 

聞くと、「家で腹筋をしている」との事。

 

 

おとなしくて真面目な彼女が、小さいながらも自分の意志でコツコツと努力をしている姿が目に浮かびました。

ますます応援したくなり、試合で是非勝ってもらいたいと思わずにはいられませんでした。

 

彼女ならやってくれると思います!

 

 

私の小学生の時なんて、習い事をサボることしか考えていなかったもんな~(苦笑)

 

 

 今週の集合写真は、普通です(笑)

じょう君に「何か、ポーズない?」と聞くと、「う~ん、ないです。」とバッサリ(笑)

image5

 

 

みなさん、今週もお疲れさまでした!

 

土曜日(6月13日)の指導

 

里山です。

 

 

梅雨で、ジメジメした日が続きますね。

 

 

今日も4クラス指導を行いました!

 

 ●幼年クラス

 

基本稽古では「半身」の意味を教えました。

 

理解している子は殆どいなかったので、少しびっくりしました。

 

私にとっては当たり前に分かっていることでも、彼らにとっては当たり前ではない。

たまにそのあたりの感覚が鈍くなっているなぁ~と反省する時があります。

 

最後は「半身」を子供たちも理解してくれたようでした(笑)

 

「子供目線」「初心者目線」

相手が共感できるようなレベルでの指導の大事さを改めて実感です。

DSC_0640 

 

補強では、いろいろな種類のジャンプを行いました。

「子供目線」で「白い線から落ちたらカンチョーだぞ~!」と言うと、キャッキャッ言いながら、慎重に飛んでいました(笑)

できないジャンプもあれば、上手に飛べたりと、今後もいろいろな種類に発展させていこうと思います。

 

 

ミットでは中断回し蹴り。

 

匠先生の強烈なお手本を見せた後に、「こんなすごい蹴りをもらったらどうなる?!」と聞くと、みきと君が「死んじゃう?」と疑問符付きで答えてくれました(笑)

 

みきと君はいつも私にいろいろと話しかけてくれます。

その際の「一生懸命さ」が非常に好きです。

 

まだ、語彙も持っていない子が、その中で何かを伝えようとする姿。

微笑ましいですし、もっともっと話を聞いてあげたくなります!

 

 

回し蹴りの方では、なお君がだいぶ板についてきました。

かっこいいフォームになってきています!

 

お手本にもなってもらったそうじろう君は、幼年部とは思えないような鋭い威力のある蹴り!

そうじろう君が一番本領を発揮する時間です(笑)

DSC_0646 

DSC_0645 

 

●少年初級クラス

 

第二土曜日でいつもより少ない人数でしたが、いい汗を流していました。

 

基本稽古ではむらたゆうき君、はるき君、じゅんぺい君、あゆむ君、はくと君、みきと君ら青、オレンジ帯が大きい声で汗いっぱいに頑張っていました。

 

 

むらたゆうき君は周りに惑わされることなく、いつも真面目に稽古に取り組んでいます。

非常に好感が持てます。

 

「真面目」は、世間ではどこか敬遠されたり、時にからかわれたりする風潮のある言葉ですが、私は非常に好きな言葉です。

 

最終的に何か物事を成し遂げるには、真面目に取り組んでいないと達成できない。

その姿を見せるか見せないかは人それぞれですが、結果を出している人というのは、皆そうだと思います。

 

 

思考が狭くなったり、余裕がなくなるのなら、それはそれで修正していけばいい。

だからと言って、そのことで「真面目」自体を否定するものではない。

そんな風に思います。

 

そして「真面目さ」こそ、日本人の優れた部分でもあると感じます。

 

ゆうき君を見ていて、ふとそんなことも考えます。

IMG_20150613_101137 

 

 

膝蹴りのミット稽古では、まさなり君、ともや君の黄色帯コンビが鋭い蹴りを放っていました。

 

また青帯のゆうたくんは、ちょっと構えを変えただけで、格段に威力が変わりました。

ミットを持っている相手の子が涙目になるぐらいの強さ!

 

身体が大きいだけに、自分の可能性に気付いてくれるよう指導をしていきたいと思います。

 DSC_0675

●少年中級クラス

 

えいきち君、まさなり君、ひでなり君の3人で行いました。

 

補強の時から、3人たくさんの汗を掻いて取り組んでいました!

 

 

最後に先生たちに技を限定しての打たせ稽古を行いました。

 

まさなり君は非常に強い内股を蹴るようになってきています。

こちらも痛くなるような威力!

目つきも、落ち着きのある力強い大人びたものになってきていて、今後ますます、伸びていくでしょう。

 

弟のひでなり君も、お兄ちゃんに続けとばかりに威力も出てきて、頑張っていました!

 DSC_0703

また、えいきち君は突きの威力が非常にあります。

少しダメだししながら挑発すると、本気で打ってきます(笑)

その時の突きに、彼のポテンシャルの高さを非常に感じます。

 

次回の支部内交流試合にも、ぜひ挑戦して勝利をおさめてもらいたいものです。

 DSC_0694-1

 

  ●一般クラス

 

久しぶりに高瀬さん、匠くんも参加。

 蒸し暑いなか、関東大会に向けた稽古を行いました。

 

 

スパーリングでは基立ちの他に、ラウンド数も多く回しました。

 

鈴木さん、菅野さんは疲労がたまっているようです。

 

お二人とも、お仕事の関係上コンディション作りが大変のようですが、その中で懸命に体を動かそうともがいている様子が、非事に伝わってきます。

 

益田さんも、ヘロヘロになりながらも要所要所でこちらの指示にはしっかり反応できています。

 

 

試合まで、あと一か月ちょっと。

 

逆に今、疲れも何もなく絶好調というのは、少年部はともかく、私の経験からもあり得ません。

身体も動かなくなり、精神的にもずっと張りつめ、かなりストレスの強い状態のはず。

 

その中で、動けないなりにも、どれだけもがけるか、どれだけ強い気持ちを持てるか、どれだけ課題修正などの質を高めていけるかが大事になってきます。

 

もう少しです 。

頑張りましょう!

 DSC_0775-1

DSC_0761-1

DSC_0707

 

 

また、丈くんも継続してきているせいか、着々と実力が伸びてきています。

中一ですが、技一つ一つの威力もどんどん増してきていますし、身体も成長しています。

 

天分は良いものを持っているし、素直な性格なので、今後が非常に楽しみな生徒の一人です。

DSC_0739-1

IMG_20150613_140040 

 

 

 

今月はサッカーの日本代表、男女ともに熱い戦いを繰り広げています。

 

「なでしこジャパン」はワールドカップのグループリーグを、男子の「ハリルジャパン」はワールドカップ予選を控えて良い流れの中で闘えていますね。

 

 

サッカーも好きな私としては、非常に楽しみな月です。

 

 

日本中に響くような良い試合と好結果を期待したいです。

 

 

 

そう言えば、みなさんは「なでしこジャパン」「ハリルジャパン」に続く「せたひがジャパン」と言うのを御存知ですか?

 

 

土曜日のクラス終了後に、その「せたひがジャパン」の面々が、道場で撮影を行っていました。

 

 

これがその時の写真です。

       ↓

 DSC_0799-1

 

 

今週もおつかれさまでした!(笑)

土曜日(6月6日)の指導

里山です。

 

 

今月の『月刊空手道』に松井館長のインタビューが掲載されていましたね。

 

 

門下生の私が言うのもおこがましいですが、一道場生としてだけでなく、一社会人としても大変啓発される、高い見識の記事です。

 

と同時に、改めて松井門下にいることに大きな誇りも感じさせられました。

 

 

フェイスブックでも、田口支部長をはじめ、各支部長方も取り上げられていた記事です。

 

 

極真空手の在り方なども含め、道場生、ご父兄の方々も、目を通されると良いと思います。

 

 

 ●幼年クラス

 

今日は白帯の子たちが多く、基本稽古を中心に行いました。

 

入りたての子も多く、まだ動きや空手の稽古に馴染んでいないせいか、 集中力にもバラツキがありました。

そんな中、そうたくんや、二人のゆうたくんやが頑張っていました!

 

ミットでの下段回しげりでは、特に左足がうまくできない子が多かったので、あかり先生にお手本を見せてもらいました。

見学の父兄からも、「おー!」という声が出るぐらいの強い蹴り。 

 

2個のミットで受けたていた私が、大げさに倒れていると、そうたくんが、「これも使って!」と更に2個のミットを渡してくれました。

彼の優しさを無下にもできず、その後は、4個のミットを持って蹴りを受けるという、おかしな格好となってしまいました(笑)

 

 あかり先生も、みんなと同じぐらいの年から空手を始めていたので、同じように強くなってもらいたいです 。

 

image1 (2)

●少年初級クラス

 

今日も多くの子がに稽古に参加してくれました。

 

補強では、腕立てジャンプや、片足スクワットなど、少し難しい種目を行いました。 

みんな、苦戦していましたが、楽しそうに挑戦していました。

 

 

途中からは下級の子はあかり先生、上級は私が指導。

 

 

上級者は中段、上段の膝蹴りを行いました。

 

全体的に、スピードと高さが足りなかったので、何点か修正点を伝えました。

ともはる君や、あらた君らをはじめ、非常に威力や打点の高さも変わっていました。

 

ただ、、全体的に荒削りな部分が多いので、どんどん質を高めていければと考えています。

image2 (1)

 

●少年中級クラス

 

DVDで、は第8回世界大会決勝戦、木山選手VSブレカノフ選手を観戦しました。

 

木山選手が骨折が治らずに決勝まで闘ってきた状況や、試合直前のセコンド人や師範方も含めた緊迫感なども映像で流れており、子供たちにもいろいろ伝わったのではないでしょうか?

 

真剣に見てくれていました。

 

いつ見ても、心に響く、非常に素晴らしい試合です。

 

三軒茶屋の少年部からも世界大会に出場できるような選手が出てきてくれるとうれしいですね。

 

 

スパーリングでは、もえかさんが安定した強さで調子はいいようです。

 

そのもえかさんと、ばんじょう君、かずさ君、りゅうのすけ君がはげしく打ち合っていました。

 

三人はもえかさんより実力は劣るものの、引き下がらず頑張っており、成長している様子が見てとれました。

メンタルも強くなってきています。

 

私のクラスでは、あまり大きな気合も出さないで淡々と稽古をする彼らだけに、少し気がかりでしたが、なんだかとても頼もしく思えました。

 

もっともっと強くなっていけそうです!

image3

●一般クラス
 

 

告知通り、今週は関東大会に向けた試合用の稽古を行いました。

 

 

 

多くの生徒さんが参加してくれました!

 

 

土曜日一般クラス2回目の参加の丹羽さんも、「スパーリングたくさんやりたくて来たのかな?」と思いましたが、

「知らずに来てしまいました(汗)」とのこと(笑)

 

苦しそうでしたが、最後まで頑張っていました!

 

 

可動域を高める稽古では、蹴り技の得意な山西君のお手本が、皆さんにとっても良い勉強になったようです。

 

彼の「二段回しげり」、「飛び後ろ回し」「長い距離のミドル」などは、アクション映画にも出演できるぐらい、非常に長けています 。

山口支部時代に蹴り技の名人河岡支部長に、難しい蹴り技をたくさん鍛えられたと話していました。

 

それを見て他の生徒さんたちも、体の遣い方を、「ああでもない、こうでもない」といろいろ研究していました。

練習後にある会員さんからも、「できないと思ってやってこなかったが、取り組んでみると、案外眠っている自分の可能性に気付き、非常におもしろい」というような意見ももらえました。

 

 

先週よりも皆さん良くなってきていて、今後が楽しみです 。

image4

スパーリングでは、関東大会出場者の基立ちを中心に多くのラウンドをこなしました。

 

 

鈴木さん、益田さんは、静岡大会優勝の山西君に厳しく相手をしてもらい、ヘロヘロになっていましたが、頑張っていました!

 

菅野さんは疲れがたまっているようでしたが、最後までついてきていました。

もえかさんは大人とやると、ある技をよくもらうと話しており、課題も浮き彫りになっているようです。

 

 

 

また、上原さんは、一回り以上年下の益田さん相手に、引かずに打ち合っていました。

非常にエネルギッシュで、頭が下がります。

 

最後の息上げは、みなさんかなりキツそうでしたが、なんとかやり遂げていました。

image1

 

最後の集合写真は、大阪で試合中の「せたひが選手がんばれ!」です。

 

ちゃんと大阪の方向を向いてます (笑)

 

「皆さん、稽古中は黙々と取り組んでいるのに、このノリはナンなんだ!」と思うような、一体感のある秀逸な一枚です!
 

鬼澤さん、目さん、もえかさん、いい表情をしてくれています(笑)

 

鈴木さんは、応援というよりは、ファイティングポーズになっています(笑)

 

村井くんはなぜか、カメラ目線(笑)

 

選手の皆さん、声援は届いたでしょうか?

securedownload[2]

 

今週もお疲れ様でした!

 

土曜日(5月30日)の稽古

 

里山です

 

 

来週はいよいよウェイト制大会です!

 

 

せたひがの選手たちの熱い試合と朗報を期待したいです!

 

 

同時に、いよいよ、なでしこのW杯も始まりますね。

 

 

4年前は本当に心を打たれるような試合に、鳥肌が立ちました。

 

 

今回もかなり厳しい闘いとなりそうですが、澤選手を中心に、2連覇をぜひ勝ち取ってきてもらいたいものです。

  

 

●幼年クラス

 

今日も元気印の、みきと君、あゆむ君、はるた君、はくと君らを中心に、元気に稽古を行っていました!

 

暑い中、新しい子たちも、大きな声で一生懸命ついてきてくれました!

 

白帯の子たちは入ったばかりの子たちも多いので、なかなか技の習得は難しいみたいですが、

まずは、空手に馴染んでもらえるように、指導を行っていくつもりです。

 

 

頑張っていきましょう!

 

 

最後のダッシュでは、いろいろなメニューで行いましたが、みんな上手にこなしていました。

これなら、どんどん難しいことにも挑戦させていけそうだと感じました。

image1

 

 

●少年初級クラス

 

 審査前日の稽古。

 

せいたろう君、けんしゅう君、むらたゆうき君、こたろう君らは非常に覇気のある稽古姿勢で、良かったです。

 

けんしゅう君は、入門時にお母さんから、「習っていた水泳では先生の言うことを聞かないので、辞めさせた。空手で礼儀を学んでほしい」というような趣旨の話がありました。

 

わんぱくな雰囲気もあり、どんな子か楽しみでした。

 

しかし、空手に関して、私の知る範囲では、非常に一生懸命取り組んでいます。

周りに引きずられることもあまりなく、顔つきや、話を聞く様子からも、芯のしっかりした大人びた印象も受けます。

 

稽古にあまり来られないようですが、たくさん稽古を積んで、実力を伸ばしていってもらいたい、そんな事をよく思います。

審査もしっかりとこなしたことと思います。

 

 

その一方、次の日に審査を控えているある子が、いつまでもダラッと稽古を行っていたので、注意しました。

 

「申し込み用紙をもらってしまえば、一生懸命やらなくていいのか?」

「審査当日だけ頑張ればいいのか?」

「そういうズルい考えがあるなら、治すべきだぞ」

 

そんなことを話しました。

 

もちろん、そこまで悪意はなかったとは思いますが、本気の彼の実力を見てきているだけに、少し残念な気もしました。

 

彼の事なので、明日の審査も含め、今後の稽古でしっかりと修正してきてくれることでしょう!

 

 

 

 

稽古後に、久しぶりに土曜日参加のともはる君に「これが10だとすると、今日はどれぐらい頑張った?」と聞くと「これぐらい!」と私の手の幅の倍ぐらいの頑張り尺度を示してくれました。

 

 

汗もたいして掻いていないのに自己評価が高すぎて、笑ってしまいました。

 

 

やんちゃ坊主ですが、憎めない、とてもいい子です()

image2 (1)

 

 

 

●少年中級クラス

 

 

内股のミット稽古では、あらた君が非常に高い質の蹴りを出していました。

ムラのある、あらた君ですが、センスは非常に良いものを持っています。

精神的な部分が大きく変化し始めたら、あっという間に上にいけるだけのものは持っています。

 

 

 

また、ゆうき君、たいき君兄弟も長い距離の前蹴りを上手に蹴っていました!

試合でもどんどん使えるようになっていける予感がします。

 

 image4 (3)

最近は、二人組の際には名前や好きな食べ物などの自己紹介をさせています。

 

同じ道場なのに、相手の名前や素性も知らないケースも多いのではないか?

そんな気がしていたためです。

 

それでは、少しさびしい気もします。

 

全員と仲良くというのは難しいかもしれませんが、いい仲間を少しでも多く作って、たくさんコミュニケーションができる場になってくれればと思います。

 

人はコミュニケーションが取れれば取れるほど、より活き活きとするものです。

 

特に子供はきっかけさえあれば、すぐ仲良しになれる。

そのきっかけを作っていければと思います。

 

 

語弊はあるかもしれませんが、仲良くなって、稽古中もおしゃべりやちょっかいに夢中になってしまった、それぐらいに仲良くなれるといい。

 

 

もちろん、私は容赦なく叱りますが()

 

 

 

今も人間関係を形成できている子もいるとは思いますが、更に輪を広げていってほしいですね。

image3 (2) 

 

 

●一般クラス

 

今週から、可動域を高める蹴りのメニューを変えました。

とび後ろ回し蹴り、長いレンジでの前蹴り、中断回し蹴り、後ろ蹴りなど、少し難しい技だったかもしれません。

 

 

みなさん悪戦苦闘していました!

 

 

ただ、上手にはできなくても、やることで、普段刺激されにくい箇所の柔軟性や、運動神経が目覚めます。

それにより他の技の質も向上する相乗効果があります。

 

また、これまでも、最初はうまくいかなくても、継続していく中で大きな向上を見せてきているので、続けていくつもりです。

 

 

 

スパーリングでは関東大会を控えた益田さんと鈴木さん、けいと君らを中心に、激しく打ち合っていました。

 

益田さんと鈴木さんは、壮年とはいえ、センスもよく大技も出せ、非常にはつらつとした、組手を行えます。

稽古もしっかりこなしてきており、一般クラスの中では非常に脂がのっていて、実力もグングン伸びてきています。

 

その二人の相手を茶帯の大釜さんや澤地さんにも相手をしてもらいました。

 

 

年齢や、体格、稽古頻度などから、すこし厳しいかなとも感じましたが、がっぷりと組んで、茶帯らしさを示していました。

 

大釜さんは、なかなか稽古にも来られていないにも関わらず、それを感じさせない戦いぶりに、「さすがだな」と感じました。

 

上の帯なので、当然なのですが、改めて長年きっちり稽古や自主トレを行ってきている者の地力や上手さを実感させられました。

image5 (3)

 

 

 

最後のポーズはたいき君からのリクエスト(と言っても、私が無理やりアイデアを捻出させるので、名ばかりのリクエストですが)())で「元気玉」。

 

 

私は知らなかったのですが、『ドラゴンボール』にある技みたいですね。

 

ポーズが「一世風靡(セピア)みたいだな」と言ったら、少中学生は「キョトン」としていました(笑)

 

お互い知らないこと同士。

 

年齢を痛烈に感じる瞬間です()

image6

 

 

来週の一般クラスは、関東大会に向けて、試合用の稽古を中心に行います。

 

ウェイト制のため帯研や日曜のクラスが無いので、スパーリングやスタミナ、打ち込みを多く行いたい方は、ぜひ、利用しみてください。

 

今週もお疲れ様でした!

 

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ