土曜日(5月23日)の稽古

里山です。

 

 

今週、来週は運動会の小学校が多いみたいですね。

 

 

学生のころが少し懐かしくなる中、今日も4クラスの指導に入りました。

 

 

 

●幼年クラス

体験の子や、今日入会したばかりのしんたろう君も含めて、10名ほどの子たちが元気に稽古しました

 

 

オレンジ帯のひろあき君は、指たてふせが得意なのですが、弟のみきと君が「4本指でもできるんだよ!」と教えてくれました。

 

 

「4本指!?」

 

なんと親指以外での4本指を実演してくれました!

 

 

これはかなり、難易度高いです!!

 

ひろあき君は、親指一本でもできますが、親指以外の4本とは!

 

自分はマズいです(苦笑)

彼の今年の目標「一円玉を指で折る」を本当に達成しそうです!

 

 それにつられて、他の子は、「僕は右手は4本、左手は2本でデキる!」と、なんかよく分からなくなってきました(笑) 

 

移動稽古では、そのひろあき君はスピードチャンピオン、こうせい君は気合チャンピオン、そして膝曲げチャンピオンはみきと君と、白帯から評価されていました。

 それぞれの持ち味が非常に出ていました
 

 

そのオレンジ帯の先輩が、最後まで集中を切らさず、声も出し続けていて、本当に素晴らしかったです!

 白帯の子たちも、先輩にひっぱられて、一生懸命頑張っていました

image1 (1)

 

●少年初級  

運動会の影響か、20名ほどの参加といつもより半分の人数ですが、

40人ぐらいのエネルギーで頑張っていました。

 

久しぶりにアシュニール君も土曜日に参加。

うれしいです。

 

 

基本稽古では、うきょう君、じゅんぺい君、けいじ君、きょうこさんらが目立っていました。

 

移動稽古では青帯を私、オレンジ帯以下はあかり先生が見ましたが、たつひろ君、きょうこさんは非常に切れがあり、上の帯の移動稽古をやらせました

 

また、受審予定のこうすけ君も頑張っていました 。

 

じゅんぺい君も相変わらず、鋭い突きを放っています。

 そのじゅんぺい君ですが、週一回しか来られませんが、いつも手を抜かずにやりきります。

 

余計なおしゃべりなどは殆どせず、黙々と稽古をします。

 

技の切れも全般的に素晴らしく、実力は十分なので、ここ一年は審査許可をずっと出していました。

 

しかし彼は受審しようとしません。

審査の申し込み用紙を渡そうとしても、気づくと帰っている事がほとんど。

「日にちが合わない」といつも返事をくれるのですが、実際はあまり昇級に興味がないようです

 

高倉健みたいで、かっこよすぎです(笑)

 

ただ今回は、他の子との兼ね合いもあるので、審査用紙を無理やり渡しました。

最後のミット蹴りの連打も、最後まで一番いい音を出していました。

 

受審してくれると嬉しいです

image2

 

●少年中級
  

フィジカルのメニューを変えて、一か月ぐらいですが、少しずつ、馴染んできたようです。

 

こうすけ君は片足ジャンプで、縦に立てたミットを飛ぶのにも慣れてきました。

あの高さをこなせる子は、そうそういません。

 

おんぶダッシュも、最初はまともにおんぶもできない子が何人かいましたが、今ではほとんどの子が問題なく行えています。

なおゆき君も、重いしゅうすけ君を運べるぐらいに、力がついてきています。

image3 (1) 

 

蹴りの稽古では、内またと二段蹴りを行いましたが、二つとも、ひろき君ともえかさんがとても上手に行っていました。

 

これからどんどん新しいメニューにも取り組ませていこうと考えています。

 

 

スパーリングでは、はなさんが非常によかったです。

 

型試合前の練習でも感じましたが、ギアが入った時の彼女の集中力は目を見張るものがあります。

1ミリも余計なものが入っていない、すごく力強いものを感じます。

 

入門当初は、ほんわかしていて、とても空手をするようなタイプではない、おっとり屋さんでしたが、

とてもたくましくなっています。

うれしいかぎりです。

image4 (1)

 

●一般クラス

 

黒帯4名を交えた、12名での稽古。

 

今週は、大坪さんも土曜日一般クラス初参加。

息子さん同様、全力で稽古に取り組んでいました。

 

スパーリングでは、黒帯が多かったので、後輩の方にもいい機会だったのではないかと思います。

 

二宮さんは上下の振り分けや、タイミングをずらしたり、フェイントも混ぜたりと、巧みにペースを引き寄せていきます。

 

もえかさんも一生懸命大人に付いていこうと頑張っていました。

 

菅野さんは、確実に実力が上がってきていて、驚きました。

持ち前の攻撃力に加え、突きと蹴りのタイミングが非常にうまくなっています。

 

鈴木さんも吉井くんの胸を借りて、思いっきりぶつかっていました。

 

また、大坪さんは他の武道でかなりのレベルまで稽古されていただけあり、足腰の強さや、ポテンシャルの高さを感じました。

どんどん強くなっていく予感がします。

 

 

稽古後、澤地さんがいつものように、黙々と自主トレを行っていました。

何年も続けていますが、「継続は力なり」は、できそうで、なかなかできないことです。

 それだけに確実に力となっているはずです

 

 

今日は久しぶりに吉井君も参加してくれましたが、結婚してから土曜日一般クラスは初めてではないでしょうか?

 

私の現役時代には、彼には練習相手やセコンドとして協力してもらい、本当にいろいろと助けられました。

そのおかげで充実した選手生活を送ることもでき、個人的には本当に感謝すべき存在です。

 

 

彼は優しくて懐も深く、一緒にいると和む、誰からも愛されるキャラクターです。

 

その彼も、私も嫉妬するようなキレイな奥さんと結婚してからは、土曜日の一般クラスには一切顔を出さなくなりました(笑)

 

それぐらいに、奥さんを大事にしているみたいですが、また、機会があれば、後輩たちに胸を貸してもらいたいものです。

 

 

最後の集合写真は、私のリクエストで、某プロレスラーのポーズを真似てみました(笑)

 

「プロレス・ラブ」ならぬ「カラテ・ラブ」

 

似合っている方もいれば、照れている方、苦しそうな方、手が影絵の「キツネ」になっている方など、

けっこう無理して協力してくれました!

 

 

吉井くんは訳の分からないポーズで、ウケを狙いすぎです

 

 

さっきの誉め言葉は撤回です(笑)

 image5 (2)

今週もお疲れ様でした!

土曜日(5月16日)の指導

里山です。

 

 

午前中は雨が降り、蒸し暑い気候でしたが、多くの生徒さんが参加してくれました。

 

 

 

●幼年クラス

 

体験の子と今日入会の子を交えて、みんな元気に汗を流していました。

 

今日もゆうき君、たつひろ君の二人の青帯がいたので、非常に助かりました。

 

たつひろ君には上段回し蹴り、ゆうき君には前蹴りのお手本。

先輩らしい振る舞いも、子供たちには良い勉強になっています。

 

また、白帯には「先輩たちに声で負けているぞ!」と伝えると、けんと君をはじめ、

負けずに大きな声で頑張っていました。

 

また、はるた君、はくと君の「超」がつくぐらいの大きな号令には、いつもこっちまで元気をもらいます(笑)

image1

 

 

 

●少年初級クラス

 

審査が近くなっている中、40名の子が参加。

今日も元気いっぱいに汗を掻いていました。

 

 

基本稽古では、かずき君はやる気が他の子よりも際立っており、非常に良かったです。

稽古後に「審査受けていいですか?」と聞きに来た時も、顔に「やる気」と書いてあるぐらい、気が充満していました(笑)

 

他にもようせい君、こはく君、しゅんのすけ君 けいじ君 けんしゅう君 きょうこさん、はるき君らも覇気のある取り組み方で頑張っていました。

たいしん君、さやさん兄妹も汗をいっぱい掻いて頑張っていました。

 

 

移動稽古では青帯以上の先輩たちはピシッとしていて、下の子たちとの違いを十分に感じさせてくれています。

きょうへい君、なおゆき君は肩の力が抜けて、スッキリとした良い突きを放っていました。

癖が抜けてとても良くなっています。

 

また、オレンジ帯でもきょうしろう君、しゅんのすけ、はくと君、ましゅう君、いっき君らが力強い移動稽古を行っていました。

ななさんも、おしとやかですが、真面目に取り組んでいます。

 

 

来週が審査の申し込み締め切りなので、一人でも多くの子が受審できるように、指導していきたいと思います!

image2

 

 

●少年中級クラス

先週の2名とは打って変わり、15名ほどの参加(笑)

 

恒例のDVD鑑賞では、木山選手VSテイシェイラ選手。

第八回世界大会の準決勝です。

 

子供たちも今までで一番、夢中で見ていたのではないでしょうか

 

大会ベストバウトと言ってもいい試合内容もさることながら、解説の長嶋一茂さんや実況の方のコメント一つ一つ、また控室に戻る際の木山選手のコメントの様子などからも、どれだけ緊迫した凄い試合だったのかを、子供たちなりに感じたのでしょう。

 

その証拠に、「決勝の試合は?」「決勝見たい!」「続き見ようよ!」と口々に言ってきました。

 

「時間が無いから来週!スパーリング始めるぞ!」と言うと、「来週来れない人は?」「おれ、来週来れないよ」としつこく食らいついてくる子もいました(笑)

 

 「知るか!」と突き放しましたが、休んだ子には別の機会に見せてあげたいと思います。

 

 

スパーリングでは、たいき君ともえかさんが一進一退の攻防で、競い合っていました。

また、かずさ君も癖を修正しながらスパーリングを行うと、非常に動きの質が上がって、こちらもびっくり。

次の試合までに、完全に身に着けてもらいたいです。

 

ろうま君やともや君、まさなり君らも精力的に頑張っていました。

 

だいち君も脇腹に強烈な攻撃をもらっていましたが、態度に出さず闘いきっていました。

彼はいつも、痛さや苦しさを顔に出さない、とても我慢強い子です。

たいしたものです。

 image3 (1)

 

また、毎回あかりさんや、野田さんが忙しい合い間に写真を撮ってくれていますが、臨場感が伝わるようないいスナップを撮ってくれるので、とても助かります

センスがいいです!

 

 

●一般クラス

普段は茶帯、黒帯が半分以上を占めるこのクラス。

今日は、中級の方がメインでの稽古となりました。

 

目さんも土曜日初参加。

 

最近は新しいメンバーが増え、うれしい限りです。

 

以前に土曜日の一般クラスは「厳しい」「怖い」というイメージがあるというような話を、

何度か聞いたことがありました。

そのため敬遠される方もいると(苦笑)

 

 

「厳しい」は、まだしも「怖い」というのは・・・(汗)

 

クラスの参加者の人相を見てもらえばわかるように、怖い方は基本的にはいないと思っています(笑)

無茶な稽古もしていません!

 

「そういう誤解があるのなら、少しでも払拭できれば」というのもブログを始めた理由の一つです。

少しづつ警戒心が取れてきているのなら、何よりです(笑)

 

 

基本稽古では、中高生が多かったり、上級の方が少ないせいかいつもより元気が足りないように思えましたが、

鬼澤さんが気合いの入った声で盛り上げてくれていました。

 

 

内またの蹴り込みでは、じょう君や益田さんも威力が出てきています。

たいき君も体に馴染んできました。

繰り返すことでもっともっと質が上がっていくでしょう・

 

また、高校生のりょういち君は、私がミットを持ちましたが、馬のような蹴りで凄い音を出していました。

 

お手本で見せてもらったところ、みなさんからも「お~!」という声が。

 

 

プライベートで嫌なことがあったらしく、その思いをぶつけるようにして蹴っていました(笑)

 

 

スパーリングでは村井くん、益田さん、鈴木さんらが激しく打ち合っていました。

また、ルーク君と丈くんも競い合っていて、良かったです。

 image4

 

最後の蹴り込みは早い号令で行い、目さんや細野さんもキツそうでしたが、しっかりとこなしていました。

 

少し蒸し暑かったので、今日は全体的にきつかったかもしれません。

 

 

最後の集合写真は、じょう君のリクエストで蹴りのポーズ。

 

りょういち君は心の傷が癒えてないせいか、サンドバッグに隠れていたので、「それじゃあ写らないだろ!」と言うと、しぶしぶ写真に参加していました。

 

 

その割には他の人とは違う構えで、しっかりと目立とうとしていました(笑)

 

 

心配して損しました(笑)

 image5 (1)

今週もお疲れ様でした!

 

追伸

田無道場の佐野先生が、「週間サノマックス」で素敵なブログをアップしていたので、ぜひ一読を!

 

 

わかるなあ、その気持ち(笑)

 

 

土曜日(5月9日)の指導

 

里山です。

 

今日は午前中だけで、3組の見学や問い合わせがありました。

 

一人でも多くの仲間が増えるといいですね。

 

今日も4クラスの指導に入りました。

 

 

●幼年クラス

 

ゆうご君が久しぶりに土曜日の稽古に参加。

ちょっと男っぽくなっていて、たくましさを感じました。

他に、土曜日初参加の子も何人かいました。

新しい仲間にどんどん土曜日を利用しもらえるように、指導していきます!

 

 

審査に向けた稽古では、オレンジ帯の子はだいぶ上達してきています。

はくと君は、騎馬立ち、前屈立ちででは一番腰が落ちていました。

そうじろう君も少しずつ、移動稽古がよくなってきています。

 

 

前屈立ちの際、前足の曲げの重要性を説明するため、みんなに私の前足を触らせました。

 

筋肉の硬さを実感してもらうためでしたが、硬さに興味を示す子もいれば、帯を引っ張ったり、

私の前足をくすぐったりと遊ばれてしまい、若干違う趣旨になってしまいした(苦笑)

 

 

また、今日も紅一点のるなさんは最初から最後まで気合満点。

毎回一生懸命頑張っているので、こちらもうれしくなります!

DSC_0440

 

 

 

●少年初級クラス

 

第2土曜日で少ない人数でしたが、初参加のよう君や二子玉川道場からりゅうのすけ君、

久しぶりのじゅんぺい君らと一緒に、審査に向けた稽古内容をみんな一生懸命頑張っていました!

DSC_0447-1

 

移動稽古では、先輩に白帯の基本稽古を一人一人見てもらいました。

 

教え方も個性的で、いろいろあります。

チャキチャキと要点を要領よく伝える子や、手取り足取り教える子、伝えたいことをうまく言語化できない子など、みんな自分なりに一生懸命教えてくれていました!

DSC_0446-1

 

 

最後はチームに分かれて、リレー競争。

 

1回目のレースでは、話しをちゃんと聞いていなかったよう君のミスで、じゅんぺい君チームは負けて罰ゲーム。

そのよう君の頑張りで、2回目は引き分けに持ち込んでいました!

 

 

 

●少年中級クラス

今日は、えいきち君とひろき君二人だけという濃密な稽古となりました()

 

人数が少ない分、テンポよく、通常よりもいろいろな練習ができました。

一人一人をじっくり見ることもできたおかげで、アドバイスも具体的にでき、一時間半の中で、かなりの進歩。

効率的だったように思えます。

 

こういう日も、たまには必要かなと感じました。

 

もっとも二人にとっては、一瞬も気の抜けない大変な時間だったかもしれませんが()

DSC_0460

DSC_0464-1

 

 

最後に、技を突きと内また、前蹴りに限定した、先生たちとのスパーリングを行いました。

 

夢中になると指示を無視して暴走する()ひろき君に「使っていい技は?」と念押しで尋ねました。

「前蹴り、内また、パンチ!」とちゃんと答えてくれましたが、開始早々に膝蹴りを出してきました()

 

 

ずっこけてしまいました!

 

 

ひろき君はひろき君で「しまった・・・(汗)」という表情をしており、まるでコントかと思いました()

 

 

ただ、一生懸命頑張っているので、良しとしましょう!

 

 

●一般部クラス

 

試合間近の上原さんを中心に、今日も活気ある稽古でした。

先月出席回数2位の細野さんも、だいぶ稽古に慣れてきたようです。

 

 

最近取り組んでいる内また蹴りは、全体的にだいぶ威力が増しています。

最初は少し時間がかかると思っていましたが、上達のスピードが良いです。

 

 

持ち手の島崎さんの足が大きく跳ね上げられる村井君の強烈な蹴りを、皆さんにお手本として見てもらいました。

その直後に鈴木さんの蹴りの質も大きく向上。

佐藤さん、堀井さんら上級者も破壊力抜群です。

DSC_0508

 

また、中学一年生ながらルーク君のたまに出す(苦笑)本気の蹴りもすごい威力でびっくりしました!

 

ルーク!

君は常に全力で稽古すれば、世界チャンピオンも夢じゃないぞ!

 

 

スパーリングでは益田さんと鈴木さんがお互いに意地の張り合いのような、しのぎを削る良い闘いでした。

IMG_20150509_153930

 

レベルにもよりますが、勝ち負けにこだわったスパーリングは不可欠だと感じます。

 

こだわるからこそ、リキんだり、より粘れたり、冷静さを欠いたりなど自分の本当の実力がわかります。

その自分自身の実力を直視することが、後の一つ一つの稽古に取り組む真剣さを強くしたり、技術、体力、戦術への枯渇した気持ちを生み、稽古の質が高まるのではないか?そんな話もしました。

 

その意味では、鈴木さんと話をしていると、相手が稲岡先生であろうと負けると本当に悔しがり、「今度こそは一矢を報いてやる!」というギラギラした気持ちを持ち続けている、そんな姿勢を強く感じます。

 

長年稽古していると忘れがちになるそういった気持ちは、武道、格闘技を行っている以上、

絶対に無くしてはならないものだと思います。

DSC_0560-1

DSC_0582-1

 

DSC_0584-1 

 

 

 

最後の全体写真は、ひろき君のリクエストで「?」ポーズ。

リクエスト理由ももちろん「?」です()

 

みなさんお茶目ですね。

 

ただ、カメラマンの野田さんにはウケが良かったらしく、手がぶれて少しピンボケしてしまったようです()

DSC_0594-1

 

今週もお疲れ様でした!

 

土曜日(5月2日)の指導

里山です。

 

初夏のような天候の中、4クラスの指導。

 

みなさん、バテそうになりながらも一生懸命稽古していました!

 

 

 

●幼年クラス

 

元気で利発そうな4歳の体験の子も交えて、みんなで稽古しました。

 

基本稽古から、せいたろう君、こうのすけ君、はくと君らは元気満々で声を出していました。

また、髪の毛が濡れるぐらいに頑張っていたるなさんに「すごい!なんで汗びっしょりなの?」と聞くと「頑張っているから!」と答えてくれました!

 

その通りです(笑)

 

基本稽古では、前蹴りがあまり上手にできないので、お手本を匠先生に見せてもらいました。

 

空気を切る音が大きく聞こえ、みんな「すごい!」という目で見ていました。

その後の子供たちの蹴りが見違えるように変わり、お手本の重要性を改めて実感です。

 

 

今日の最後は、色オニを行いました。

先生たちがオニになって追いかけまわしましたが、みんな大騒ぎで楽しそうに色を探し回っていました。

 

私も「〇〇色に触っていない子は、だあれぇだあ~!」と、なまはげみたいに追いかけました。

とても楽しかったですが、ふと「いい年して何をしてるんだろう」と、少し憂鬱にもなりました(笑)

 

 

写真は「緑色に触っている子供たちです」

image5

 

 

少年初級クラス

 

移動稽古では青帯以上は、「下級の子たち全員がOKを出さないと終われない」という条件のなか、反復を行いました。

 

オレンジ帯の「先生」たちは厳しく、かなりの数を繰り返しました。

 

「大丈夫かな?」という心配をよそに、はるき君、りゅうのすけ君、ゆうき君、もえかさんらをはじめ、多くの子があきらめずに頑張っていました。

精神的に、だいぶたくましくなってきています!

 

ただ、たぶん今頃は筋肉痛になっているでしょう()

 

最後のタッチ鬼では、賢い逃げ方で、はやと君、あらた君らが逃げ切り!

考えた逃げ方で素晴らしいです!

稽古の途中で私のカミナリを喰らったけいじ君も、上手に逃げ切り、名誉挽回してくれました(笑)

image4

 

●少年中級クラス

 

先週からフィジカルのメニューを大幅に変えています。

 

「色々な運動神経を伸ばしたい。しかも、子供たちが興味を持って取り組めるように」という部分で、少し考えが詰まっていたので、先日、近藤先生に電話相談しました。

 

学生のころから一流のアスリートとして活躍されていた方の引き出しは、さすがです。

「お~!」というような視点もいただき、さっそく取り入れました。

 

普通のフィジカルでも、子供たちが盛り上がって取り組んでいて、「近藤先輩、ありがとう!」と心の中で、手を合わせていました!

 

 

内容は、子供たちに気付かれたくないので企業秘密です()

image3

 

 

DVDでは第8回世界大会 準々決勝の木山選手VSレチ選手。

 

選手の緊張感がテレビ越しに伝わるような、非常に見ごたえのある試合です。

子供たちは何も言わずに、見入っていました。

 

最近、以前フジテレビで放映されたこの第8回大会を一試合づつ、順を追って見せています。

面白い試合、すごい試合も多く、そのせいか「この後どうなるの?」と、聞いてくる子も続出。

興味を持ってくれてうれしいです。

 

いつも「続きは、また来週!」と、引っ張ります。

紙芝居の人みたいですね()

 

スパーリングはもえかさんが好調。

技のバラエティーや組み立て方もどんどん進化し、国際大会以降も成長が右肩上がり。

 

ろうま君は、前足での前蹴りを積極的に使っていて、勢いが出てきています。

 

また、オレンジ帯のけいと君も、非常に良いです。

小柄で優しい顔ですが、気持ちが強い。

支部内の試合の動画をお父さんに見せてもらいましたが、劣勢を何度も巻き返す場面がありました。

相当気持ちが強くないとできません。たいしたものです。

 

今日も、学年も経験も帯も上のともや君にも勇猛果敢に向かっていき、ひかずに打ち合っていました。

 

もっともっとポテンシャルを引き出せるように指導していきたいと思います。

image2 (1)

 

●一般クラス

 

中学生の丈くんが土曜日一般部初参加。

これまでほとんど私のクラスへの参加はありませんでしたが、センスが良くて、とても楽しみです。

あかり先生からも「稽古回数の割に、強いです!」との情報も。

継続して参加してくれるように、指導していきたいです。

 

 今日は

「基本→補強→型(三戦)→けり込み(内股)→可動域増幅ミット→受け返し→スパーリング→息上げ→腹打ち

という流れ。 

 

受け返しの際には、攻撃後にすぐに構えに戻ることを意識させました。

 

 

一般クラスでは、どうしても怪我や危険を回避させた稽古が中心になるぶん、「後のない危機感」や「押しつぶされそうな緊張感」を持って稽古に臨むことが、難しくなります。

 

そういう部分の弊害が最近の試合や稽古でも出ているように思えました。

 

私も含めて、人間痛い目に合わないと、なかなか気づけない部分ではあります。

 

安全性を追求しながら武道の持つ特性をどれだけ稽古に取り入れられるかというのは、自分にとっては大きな課題の一つですが、それでも取り組んでいきたいと思います。

 

スパーリングでは、鬼澤さんが少しずつ調子が上がってきています。

継続して稽古している島崎さんも積極的に打ち合っていました。

また、澤地さんはクラスの中では一番構えがしっかりされていて、他の方も参考にすると良いでしょう。

 

 

最後の集合写真はたいき君のリクエストで、「ウルトラマン」

「引手をちゃんと取ってください!」と、受審予定の彼らしいコメント。

 

写真で引手の甘かった人は、これからの稽古で直していきましょう(笑)

image1 (1)

 

今週もお疲れさまでした!

 

 

 

土曜日の指導(4月25日)

里山です。

 

 

今日は全体的に参加人数が多く、一段とにぎやかでした。

 

 

そんな中、はりきって4クラス指導を行いました!(佐野先生ふう)()

 

 

 ●幼年クラス

 

先週初参加のけんと君も元気に参加してれました。

合い間に「サッカーもやってるんだ!」と、教えてくれました()

運動が大好きそうで、いろいろなことに挑戦してもらいたいですね。

 

 

基本稽古、移動稽古では、オレンジ帯以上は更に質が高まってきていて、良い傾向です。

普段から一生懸命がんばっているのが、しっかり反映されてきています。

 

 

 

また、オレンジ帯のはくと君は体が小さいながらも、お腹から大きく重い声で号令を出すのでびっくりしました。

迫力満点です。

一途で気持ちの座った様子からも、これからどんどん強くなるでしょう!

 

 

今日は小学生のゆうき君やあらた君も参加してくれ、いつも以上に元気いっぱいで締まった良い稽古になりました。

image1

 

 

 ●少年初級クラス

 

今日も40名近い子が参加してくれました。

 

 

青帯以上の移動稽古、型は、全体の質が上がってきていて、さすがだなと感じます。

 

まだまだ修正個所はありますが、彼らの動きを見ている子がジッと引き込まれたり、道場内の空気がピタッと静穏に近いものに変わるのは、彼らの意識の変化や成長がもたらしているものです。

 

その証拠に多くの子が、後輩から「上手い!」タッチをもらっていました。

子供たちもうれしそうでした。

 

審査で多くの子が次の帯に上がってくれるでしょう。

image2

 

 

 ●少年中級

 

今日から補強で逆立ちも入れました。

こちらの心配をよそに、思ったよりできる子もいたので、少し安心。

ギャアギャア騒ぎながらも、みんな頑張っていました()

ゆくゆくは歩行にまで持っていきたいです。

 

 

ミット稽古では、最近行っている前足での前蹴り。

かずさ君やそら君らを初め、だいぶ上達してきていますが、まだ組手で使えるレベルではないようです。

ボクシングでいうジャブのような意味合いもある蹴りで、使いこなせると組手の幅がぐっと広がります。

根気強く続けていきたいと思います。

 

 

受け返し、スパーリングでは、白帯ながら、そら君はセンスのある動きをしていました。

なおゆき君との受け返しでは、やるかやられるかの張りつめた動きで、此方の求めているものを実践していて、二人ともよかったです。

 

また、スパーリングでは、もえかさんとまさなり君が、激しく打ち合いをしていました。

 

国際大会で準優勝のもえかさんは、稽古態度や技の切れ、威力など、少年部の中では頭一つ秀でています。

また、まさなり君も真面目でガッツもあるので、二人の背中をみんなが追いかけていけるように指導をしていければと思います。

image3

 

 

 

 ●一般クラス

 

新中学生や、初参加の丹羽さん、久しぶりの野田さんら20名を超える生徒が参加してくれました。

 

ミットでは、内また蹴りの打ち込み。

お手本になってもらった匠君や村井君は、非常に力強い良い蹴りです。

内または個人的には好きな技ですし、多様な使い方、意義があると思っている技です。

ただ、まだしっかりと蹴れる方は多くはいないので、継続していきたいと思います。

 

 

 スパーリングでは久しぶりにけいと君の動きを見ました。

技量があり、落ち着いた闘い方で、以前より、かなりの上達をしていました。

稲岡君のクラスで長い間鍛えられてきたのでしょう。

将来は稲岡先生のように選手や指導員として、せたひがを背負う人材に成長してくれればとも思います。

 

また試合が近い上原さんは、試合に向けての緊張感がひしひしと伝わってきました。

試合までもう少しですので、最後の追い込み、頑張ってもらいたいです。

 

高校生のりょういち君は、前回はトリッキーな闘い方でかなり対戦相手をてこずらせていましたが、

今回は黒帯の二宮さんらに、いいようにあしらわれていました。

 

 

稽古後に「今日はダメでした・・」と言っていたので、「当たり前だよ!」と返事しておきました()

悔しかったのか自主トレで、木山師範ばりの鉄アレイ稽古をずっと頑張っていました!

 

 

稽古最後の息上げでは、中一の正太郎君にタイムを読んでもらいましたが、知らない大勢の大人に対して、大きくて伝わる声でしっかりと時間を計っている姿には感心しました。

三茶の小中学生で、ほとんどできる子はいないでしょう。

 

組手の強さも大事ですが、こういう事も社会の中では非常に大事だと、個人的には感じています。

 

型試合でも活躍している正太郎君だけに、空手が五輪に採用された際には、出場できるよう日々の稽古を頑張ってもらいたいです。

 

 最後の集合写真では、りょういち君のリクエストでみなさん上段受け。

 

理由は分かりません()

 

また、黄色帯のかける君の表情の理由も分かりません()

image4

  image5

 

 

来週もみなさん頑張っていきましょう!

今週もお疲れ様でした!

 

 

 

 

 

4月18日(土)の指導

里山です。

 

いよいよ今日、明日と国際大会。

 

せたひが選手がすばらしい活躍をしてくれることを期待しています。

 

今日も4クラスの指導に入りました。

 

 

●幼年クラス

 

今日入会の4歳のけんと君が初参加。

見よう見まねでついてきてくれました。

意志の強さを感じる話し方で、これからが楽しみ。

空手を好きになってくれるとうれしいです。

 

 

そして他の子も、けんと君のお手本になれるよう今日も頑張っていました。

 

 

少しずつ審査を意識した稽古に切り替えていますが、彼らはなぜか補強のスクワットが大好き。

 

いつも審査の規定回数を行わせますが、中には2,3倍の数をキャッキャ言いながら行っています。

 

「時間がないから、頼むからやめてくれ!」と言えば言うほど、やり続けます(笑)

 

どんな作戦を立てて止めさせるかが今後の課題です(笑)

 

 

 ●少年初級クラス

 

今日も多くの子が参加してくれました!

 

 

移動稽古では、最初は子供たちのエンジンがイマイチ。

しかし、「審査のレベルの半分もできていないぞ!」と発破をかけると少しずつ本調子へ。

オレンジ帯などは、道場が壊れそうなぐらいの気合を出していました(笑)

 

中でも、ゆうた君、あゆむ君、ともや君、まさなり君、そうた君、型試合優勝のきょうこさんらは、腰が低く、鋭い移動稽古で目立ってました。

 

また、ひろあき君やけんたろう君らは直すところがなく、上のレベルの移動稽古をやらせました。

二人ともいい目つきをしていました!

 

 

 

また、稽古の最後にはタッチ鬼を。

 

いつも思いますが、それまで覇気のなかった子も、このときばかりは最高潮のテンションになります (笑)

「躍動感」とは、こういうことを言うのだなと改めて実感(笑)

 

 

しかし本当に楽しそうで嬉しい反面、「これぐらいのトーンで、いつも稽古してくれればなあ・・」とちょっと複雑な気分にもなります(苦笑)

 

 

常に「躍動感」を持たせられるよう、指導の質を高めていければと思います!

 

 

●少年中級クラス

 

 

国際大会前日のもえかさんが最後の調整。

 

ばんじょう君や、ともや君らを相手に、スパーリングを行っていました。

動きは非常に良いです!

 

その証拠に男の子二人はヘトヘトで、かなりキツそうでした(笑)

 

試合を想定した動きもバッチリ。

的確に指示にも反応できていて、明日が楽しみです。

 

悔いのない闘いをぜひ!

 

IMG_1146[1] (1)

 

 

また、先週の試合に出場した子たちも、良い汗を流していました。

気にかかっていた何人かの子も重さや暗さはなく、前に進んでいける手ごたえを感じました。

 

 

これからも出来る限りのサポートを、あかり先生、匠先生と行っていくつもりです。

 

 

みんな、がんばろうぜ!

IMG_1151[1]

 

 

 

 

 ●一般クラス

 

 

初参加の細野さんや久しぶりの鬼澤さんらも交えての一般クラス。

色々な方の参加は、クラスへの刺激や活性化につながるので、とても嬉しく思います。

 

 

本日は

 

『基本稽古→補強→移動稽古→鎖骨へのミット打ち込み→可動域増幅ミット→受け返し、スパーリング→息上げ』

 

という流れ。

 

 

スパーリングでは、みなさん精力的に打ち合っている一方、黄色帯以下の方には、構えについて注意を促しました。

 

全体的に脇と股が開き気味になる傾向が。

それだと攻撃をもらいやすく、流れを引き寄せにくくなります。

 

三戦立ちの構えの延長線上に、組手の構えがあることなどを伝えながら、基本の重要性を話しました。

 

 

特に益田さんや上田さん、樋口さんらは、モチベーションの高さやセンス等に光るものがあるので、成長へのヒントになってくれればと思います。

 

 

とは言いながら、私の黄色帯のころなど、基本の理解などそっちのけで、スパーリングやミット、筋トレ、スタミナばかりだったので、偉そうなことは言えません(苦笑)

 

 

 

ただ、今では時間が許すのであれば、型をもっと追究したり、ひたすら反復したいと切に思っています。

 

 

 

また、今日参加の大釜さんは、翌日(4月19日)にフルマラソンを控えていると聞きました。

 

 

最近は以前ほど動きが良くなかったので、仕事の疲れや、忙しくて練習不足のせいかと思っていました。

しかし、実はこれまで、稽古前に20キロ走ってから参加していたそうです。

 

空手のスタミナ増強のための走り込み。

 

 

実は、大釜さんは私と入門時期があまり変わらず、旧三軒茶屋道場を知る数少ない古参の道場生です。

 

 

外資系のお仕事柄、多忙で海外出張も多いため、稽古回数は限られています。

そんな中、出張先のホテルでもトレーニングは欠かさなかったり、稽古後は必ず残って、澤地さんと自主トレを2時間近く行うなど、いつも最大限の努力で取り組んできています。

 

 

詳細は省きますが、体調を大きく崩すような出来事も幾度もあり、普通だったら空手は続けていないかもしれません。

 

 

しかし、そういう状況でも前向きに取り組む姿勢は本当に尊敬に値しますし、良い仲間を持っていることを非常にうれしく思います。

 

 

極真スピリットでマラソンも頑張ってきてもらいたいです!

 

 

 

 

 

みなさん、今週もお疲れ様でした!

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ