土曜日指導(4月11日)

里山です。
 
 
アップ大変遅れてしまいました!!
 
 
 
今日も活気ある4クラス、指導に入りました。
 
 
 
 
 
●幼年クラス
 
 
 
今日は白帯が頑張っていました。
 
 
普段は、オレンジ帯の先輩の気合いと号令に遅れをとるものの、りく君、るなさんら白帯が
先輩顔負けの元気さで稽古。
 
負けじと、みきと君はお腹が痛くなるぐらいに声を出して稽古を引っ張ってくれ、どちらも教えているこちらが元気になるくらいのエネルギーで、うれしかったです。
 
 
 
 
また内受けの「間違い探し」では、いっさ君だけが正解を見つけることができました。
 
「やるな!」といった感じです。
 
 
 
 
次回の審査では一人でも多くの子が上の帯に上がってもらいたいです。
 
 
DSC_0230
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
●少年初級クラス
 
 
今日も多くの子が参加。 
 
 
 
試合前日のはなさんは、気合満点。
 
前蹴上のお手本も行ってもらいましたが、高く上がる足に見学の父兄からも「お~!」と感嘆の声が。
 
おっとり、ほんわかしていた幼年部のころと比べ大きく成長している姿に、思わず微笑んでしまいます。
 
 
 
 
ミット稽古では、こうすけ君、こはく君、きょうへい君、こたろう君、えいきち君、けいじ君らが
力強い蹴り込みを見せていました。
 
 
のむらゆうた君はラッシュ稽古で一番頑張っていたので、一人だけ先抜け。
 
この間の審査あたりから成長のスピードやヤル気が更に上がってきています。
 
 
 
また、「やらなくていい!!」と、途中で稽古態度を怒られたたつひろ君も、最後はがんばっていました。
やんちゃですが、憎めない子です()
 
 
  
そして、稽古終わりには、二人の子を前に出して、誉めました。
 
汗びっしょりのこはく君と、打ち込みで手が真っ赤のましゅう君。
よくやっていました。
 
 
 
とはいうものの、実際他の子たちも、とても頑張っていました。
 
スパーリングを行っていないにもかかわらず、一時間の稽古で道場の鏡が曇るぐらいの熱気。
これまでの初級クラスでは見られなかった光景に、全体のレベルや意識の向上を感じます。
 
DSC_0266
 
 
  
 
●少年中級
 
 
第2土曜ということもあり少なめでしたが、試合を控えている子も含め、元気に稽古していました。
 
 
 
 
きょうへい君はだいぶ練習でのムラがなくなってきました。
 
基本稽古での態度も真剣味を増し、精悍な表情を見せるようになってきています。
 
もともと攻撃力はあるので、どんどん実力を伸ばしていってもらいたいです。
 
 
 
 
また、なおゆき君やだいち君はいつも通り、さわやかな笑顔とポジティブな雰囲気で、
周りの雰囲気を明るくしてくれます。
こういうものは空手に限らず、とても重要な要素です。
 
 
 
それだけに彼らを初め何人かの高学年の子たちには、リーダー的な役割を担えるような意識を持ってくれるよう指導していけたらと思います。
 
 
 
 
 
 
 
●一般クラス
 
 
 
大原さん、しょうたろう君という新しい顔ぶれも加わっての稽古。
 
スパーリングをメインに行いました。
 
 
 
 
 
試合前の鈴木さんは疲れもたまっている中、動きもよく、良い緊張感も保てています。
 
疲れが抜ければ、国際大会でも大暴れできるはずです。
 
 
 
 
大原さんも良い動きでした。
 
運動歴や恵まれた体格、謙虚ですが負けず嫌いな面なども含め、稽古していけばどんどん強くなります。
お子さんのかいち君共々、さらに空手を好きになってくれるよう、指導していければと思います。
 
 
 
 
 
また、高校生ながらりょういち君は、ミットで橋本先輩の突きを受けていました。
 
普通の生徒でもミット越しに効かされるほどの威力にも関わらず、しっかり耐えている様子に皆さんも驚嘆。
 
 
 
それどころか「威力が落ちていますよ!」と橋本先輩にアドバイスする場面も(笑)
 
苦笑いの橋本先輩もムキになって叩いていました(笑)
 
DSC_0425-1
 
 
 
 
その橋本先輩とガチンコで闘う堀井さんは、年末あたりから「点」での攻撃を工夫して出しています。
見るからに痛そうで破壊力十分なのですが、それをまともにもらっても平然としている橋本先輩。
 
ルーク君が唖然とした表情で、二人のスパーリングを見ていました()
 
 
 
 
 
また、黒帯の佐藤さんは、忙しくて稽古回数は減ってきているものの、すばやい受け返しと固いディフェンス、
威力のある技と、安定した強さは相変わらず。技量の高さも目立ち、さすがです。
 
 
黒帯なので当たり前と言えば当たり前ですが、彼女の変遷を見てきただけに感慨深いものを感じます。
 
DSC_0430-1 
 
 
 
 
みなさん、今週もお疲れ様でした!
 
 
 
いよいよ来週は鈴木さんの国際大会です。
 
絶対に入賞だぞ!

 

土曜日指導

押忍、里山です

今日も4クラス指導に入りました。

幼年クラス

今日もひろあき君やあゆむ君らを先頭に、みんな元気いっぱいにがんばっていました。

紅一点のるなさんも、こちらが思わず笑顔になるぐらいに、大きな声で号令をかけてくれました。

基本稽古では、横蹴上げはこうせい君に、回し蹴りではかいち君にお手本を見せてもらいました。

二人とも入門当初に比べて、見違えるぐらいに上手に蹴ることができるようになっています。

子供の成長の速さには、毎回驚かされます。

また今日は、いつも元気いっぱいのある男の子が、最初から元気がありませんでした。

理由を聞くと、8時50分開始の幼年クラスの前に、習い事のテニスを終えてきたとのこと。

更にこのあと、塾やスイミングやサッカーなどもあるそうです。

ふだんから全部で習い事が7~8個あるようですが、「全部できたら、すごいことになるよ!」と伝えました。

「でもなあ・・」と言っていましたが、しっかり2クラスに参加。

気付くと、いつも通りに元気に稽古をしていました(笑)

ものすごいスタミナです(笑)

image

少年初級クラス

40名弱の子供たちが、稽古に参加。

今日も多くの子たちのエネルギーに負けないように、こちらも頑張りました。

基本稽古では、うきょう君に前蹴上のお手本。非常に伸びのある高い蹴りですばらしいです。
また、型試合に参加のはなさんなどは、180度かと思うぐらいに高い蹴り。

お兄ちゃんのしょうたろう君のように、型試合でも入賞できるよう頑張ってもらいたいです。

また、毎週行っている蹴りのミットも、多くの子が力強く蹴っていました。

お手本のしゅうすけ君の蹴りなどは、みんながシーンとなるぐらいの威力。

支部内がたのしみです。

image

少年中級クラス

いよいよ来週は支部内交流試合。
みんな、緊張感を持ちつつ、活気ある稽古を行っていました。

そんな中、ある男の子も、一生懸命稽古に取り組んでいました。

彼は長い間、試合どころかスパーリングにさえ、なかなか取り組むことができずに過ごしてきています。

本人からスパーリングへの恐怖心のため、退会といった話も何度かありました。

ただお母さんも交えながら話を聞くと、基本稽古やミットは好きなようなので、
「無理にスパーリングをする必要はないよ」といういことで、稽古は継続して来ていました。

客観的に考えれば、ある意味普通の子の反応なのかもしません。

それぐらい極真空手の稽古は、他の習い事に比べ厳しい部分があります。

誰だって叩かれたり、蹴られたりなどしたくはありません。

でもその反面、だからこそ、時間はかかってもいいから逃げずに乗り越えてほしいという思いもあります。

自分の経験からですが、乗り越えた先にある大きな学びや成長、自信、仲間とのつながりなどが、
きっと本人のこれからの人生での大きな力となると思っているからです。

彼は今回、支部内交流試合に出場します。

年始にその話をもらいました。

驚きましたが、彼が一歩を踏み出して、壁を乗り越えようと挑戦する勇気にうれしさも感じました。

今、彼は懸命にもがいていることでしょう。

その証拠に、まだ、普通のスパーリングさえもままならない状態です。

迷いや恐怖に向き合って、彼なりに精いっぱい稽古しているのを感じます。

同情する気はありませんが、本当に頑張ってほしいと思います。

優しく頭も良く、人に危害を加えるようなことはしない子です。

そんな彼だからこそ、強くなってほしいと思います。

そしておそらく参加者の一人一人に、大なり小なり、似たようなドラマがあるはずです。

田口支部長もおっしゃられているように、ご父兄の皆さんには、勝っても負けても
寛容で温かさのある態度で見守ってあげてほしいと思います。

今日は、匠先生がお休みだったので、あかり先生と二人で指導。

多くの子供たちが稽古に来てくれてうれしい反面、子供たちへの気配り、目配りにはより神経を使います。

そんな中、あかり先生は指導補助を行いながら、入会者の対応、せたひがラリーの作業、電話対応、
ブログの写真撮影(このブログの写真は、いつもあかり先生にお願いしています(苦笑))など、諸事にフル回転。

短時間での高度な対応能力が要求されるにも関わらず、忙殺されることなく、きびきびと一つ一つの仕事をきっちり行っていました。

社会人経験もない、今春高校を卒業したばかりの女性とは思えない手際よさに、非常に感心したのと同時に、
聡明さ、責任感の強さをとても感じます。

同じ年齢の時の自分に見せたいぐらいです(苦笑)

image

一般クラス

新中学生のルーク君が土曜日一般クラスに初参加。

今日も試合前の生徒さんを中心に、厳しく稽古を行いました。

ミットでの鎖骨の打ち込みでは、大釜さんが、脱力した可動域のある、体重の乗った突きを出していました。

とても効率的で良い突きです。

前に行っていた下突きの打ち込みの際にも感じたのですが、大釜さんは、打ち方が非常に洗練されてきています。

影響を受けたのか、パートナーの鈴木さんの突きもそれに連動して、向上していました。

また、スパーリングでは試合を翌日に控えたたいき君とルーク君が、大人の方に胸を借りて頑張っていました。

ルーク君などは二宮さんに何度も顔をけ蹴られて(ヘッドギアの上から寸止めに近い形で)非常にいい稽古になったと思います。

上田さんも来週の試合に向けて、顔つきも更に引き締まり、いい緊張感を保てているように思えました。

今日は、橋本先輩、佐藤さん、二宮さんと、3名の黒帯の先輩が一緒に汗を流してくれました。
やはり黒帯の方がいると、稽古がさらに締まります。

それと同時に、土曜クラスは茶帯の方が多いので、一人でも多くの方に、早く黒帯になってもらいたいとも思います。

簡単なことではありませんが、それだけの価値はあります。

頑張って行きましょう!

今週もお疲れ様でした!

image

 

 

 

 

 

 

 

土曜日指導

里山です。

暖かかくなってきました。
どんどん体も動きやすくなってくる季節です。

少しウキウキするのは、私だけでしょうか?(笑)

今日も4クラス指導に入りました。

幼年クラス

今日もみんな元気に頑張っていました。

特にひろあき君、みきと君兄弟、はるた君は、最後までずっと大きい声での返事や気合い。
まさに道場の元気印です。見ていて気持ちいいものです。

また基本稽古では号令を初めて、りく君がかけました。
「できる?」と聞くと「やる!」と少し迷いながらも、即答。無事に成功。
また、そうじろう君も普段は号令を避けていましたが、今日は挑戦。見事クリアしました。

終わった後は、二人ともうれしそうでした。
こちらもうれしかったです。

また、白帯のなお君やこうせい君らも、少しずつ技が上達してきています。
次回の審査が受けられるようになれるといいですね。

image

 

少年初級クラス

30名弱の子供たちが参加。
春休みに入っているせいか、のびのびしているように見えました。
それと一学年を終えてその分大人になったような雰囲気も。

そんな中、今日もみんな頑張っていました。

基本稽古ではたつひろ君、はるた君、ひろあき君らが気合い満点でみんなを引っ張っていました。

その後のミットでの膝蹴りでは、きょうへい君やたいき君、りゅうせい君らは威力ある蹴りを連発。
また、りゅうのすけ君も非常にセンスのある蹴り、ラッシュを見せ、試合がたのしみです。

今日はクラスの終わりに、型試合に出るゆうき君に、みんなの前で型を披露してもらいました。

こちらがビックリするぐらいにガチガチでしたが(笑)、「本番じゃなくて良かったね。
この緊張感を頭に入れて稽古しなさい」と伝えました。

ゆうき君は技自体はとても上手なので、あとは慣れだけです。

image

 

少年中級クラス

試合が近い子も多く、集中力が高まってきています

序盤のフィジカル稽古では、もえかさんがほとんどの種目で数値がトップ!
素晴らしい反面、男の子に「しっかりせい!女の子に負けるな!」と発破をかけました。
しかし、ほとんどの子が「無理だよお~」という反応(苦笑)

ガクっと来ました(笑)

恒例のビデオ鑑賞は、田口支部長が日本一になられた時の試合を見せました。
みんな正座で夢中で見てました。

特に準決勝で、田口支部長が相手の攻撃を受け、相手が倒れて一本勝ちされた場面では、
「痛そう!」「サポーターなしはキツイよ!」とそれぞれの感性でコメントしていました(笑)

その他にも、「大山総裁なんでサングラスしてるの?」「里山先生はどこ?」など、私には無い視点がとても面白かったです。
支部内交流試合に向け、良いモチベーションになったでしょう。

スパーリングは、全体的に溌剌として、エネルギッシュに行っていました。
だいち君vsわたる君、ひろき君vsろうま君、正太郎君vsたいき君らは激しく打ち合っていました。
久しぶりに中級クラス参加のようせい君も、汗いっぱいで頑張っていました。

着実に成長している様子が見られ、良い傾向です。

image

 

一般クラス
久しぶりに益田さん、遼一君、樋口さんらも参加。

今日も試合に向け、スパーリングやミット稽古中心の活気ある稽古になりました。

最近継続している鎖骨への打ち込み。
今日はコンビネーションも混ぜましたが、澤地さんや上原さん、堀井さんらは相変わらず質の高い突きを出していました。
島崎さんなどは、こちらが惚れ惚れするような体の使い方で、ミットを叩いていました。
また、村井君はスパーリングでも多用し、効果が非常に出てきています。

スパーリングでは試合前の鈴木さんが体調不良でキツそうでしたが、がんばっていました。
特に益田さんとは、お互いにライバル心剝き出しでの打ち合い。
一歩も引かずに、とても良い関係だと思います。

稲岡クラスで鍛えられてきた二人。
辛口の稲岡君を喜ばせられる報告ができるぐらいに、どんどん上を目指してもらいたいものです。

他にも樋口さんは、まだ青帯ですが全体的に重い攻撃力を持っています。
稽古をやりこめばどんどん強くなるので、怪我に気を付けながら、継続できるといいですね。

前日に、サッカー日本代表が勝ったようですね。
W杯、アジア大会と惨敗の後の新監督のもとでの初陣。

そんな中、本田、香川、長谷部、岡崎などは、幾度も叩きつぶされてきた中でも前向きに這い上がろうとしてきた人間が放つ、
強さ、しなやかさ、慧眼、透明さ、そういったものを強く感じました。

そういったものが観る者の心を打ちますし、個人的にも勝ち負けよりもそちらに興味があります。

競技こそ違いますが、極真空手にも通じるものがある、そんな感想を持ちました。

サッカーに負けないよう、また来週も、頑張っていきましょう!
おつかれさまでした!

image

 

 

 

土曜日の稽古

押忍、里山です。

少しづつ、寒さが和らいできました。

「桜を見た!」と言う幼年部の子もいました。
早く春が来ないかな、と待ち遠しい季節です

今日も4つの指導に入りました。


●幼年クラス

稽古前の空き時間に、子供たちに補強をやらせました。

みきと君は指たて伏せを「親指一本でできる!」と、見せてくれました。
なんと、3回まではできるそうです!

あとで、私もこっそり挑戦しましたが、無理でした(苦笑)

できるようにならないとマズイです(笑)


ミット稽古では、今日も「同じ軌道で戻す上段回し蹴り」を行いました。

ゆうき君やこうせい君、きょうこさんらはとてもフォームがきれいでした。
更に威力も増していけば、試合でも使えるようになると思います。

また白帯のりく君も基本稽古から、回し蹴りがどんどん上達しています。


今後も続けていきたいと思います。

attachment00

attachment00 ●少年初級クラス 第二土曜日は小学校が公開授業のため、少ない人数での稽古でした。 基本、補強の後は、先週に引き続き膝蹴りのミット練習を行いました。 みんな良い蹴りを出していました。 特にもゆうせい君は匠先生のアドバイスをもらい、とても力強い膝蹴りを出していました。 彼はいつも真面目に稽古に取り組んでいるので、どんどん向上していくことでしょう。 ゆうき君やきょうこさんも、非常に力強かったです。 attachment00

attachment00

●少年中級クラス 試合に向けた稽古を1時間半しっかり行いました。 ビッグミットでの息上げではけいじ君、はやと君、なおゆき君が激しくラッシュをしていました。 なおゆき君は、まだ肌寒い季節にもかかわらず、汗いっぱいにで頑張っていました。 また、試合を控えたルーク君も来ていましたが、6年生のため3月いっぱいで少年部は卒業です。 優しくてユーモアもあり、ムードメーカーのような部分もある彼がいなくなると思うと、
少しさびしい気分になりました。 ルーク君だけに限らず、中学生になる子供たちが空手を続けてくれると嬉しいです。 attachment00
attachment00
●一般クラス 今日も10名を超える方々が参加。 試合も近く、スパーリング多めに行いました。 出場者は激しく打ち合っていました。 鈴木さんは、疲れがたまっているように見えましたが、それでも非常にいい動きをしています。 また、上田さんや高瀬さんらも試合を控えて、緊張感ある稽古をしていました。 慣れない基立ちでも必死の形相で取り組んでいました。 試合まで間もないので、悔いの残らないように稽古に取り組んでもらいたいです。 また、人数も多かったのですが、私の目が行き届かないところには、
佐藤さん、大釜さん、澤地さんら先輩たちが 自主的にフォローをしてくれていて、とても助かりました。 みなさんの協力が無いと、クラスもうまく機能しません。 その意味では、参加してくれた黒帯の橋本先輩の存在も、相変わらず重要だと感じました。 橋本先輩がいると、良い意味でクラスが柔らかい雰囲気になります。 常に多くの道場生とコミュニケーションを取られています。 職員の方を除けば、一番多くの道場生とコミュニケーションを取っているのではないのでしょうか? お話しを伺っていると、道場性の方々の事を深い洞察力でしっかりと見ており、
建設的な意見も聞けて、とても勉強になります。 非常に頼りになる先輩です。
attachment00
attachment00
attachment00
来週の稽古は、祝日のためお休みになります。 試合が近い方は、有意義に時間を使って、試合に臨んで下さい。 お疲れ様でした!

土曜日指導

里山です。


どんよりした天候でしたが、今日も4クラス活気ある稽古でした。


幼年部

オレンジ帯以上の子達は、だいぶしっかりしてきています。

返事や稽古中の立ち方などに成長を感じ、先輩らしさが出てきています。

ひろあき君などは非常に良いお手本です。


上段回しげりのミット稽古では、「同じ軌道で蹴り足を戻す」ことをテーマに行いました。


あかり先生の綺麗なお手本を見せた後に、グンと皆が向上しました。


かいち君やゆうき君は、とても良いフォームで驚きました。

「難しい」とこちらが思うことも、どんどんチャレンジさせるべきかもしれませんね。


少年初級

30名ほどの子達が参加。
試合が近いので、上の帯の子達には膝蹴りのミットを行いました。

「3つの威力の出し方」を以前から伝えているせいか、強く蹴れる子達が増えています。

たつひろ君、りゅうのすけ君、たいき君、きょうへい君、きょうこさん、
かんたろう君、まさなり君らは、まさに「一撃」の蹴りに近づいています。 試合が楽しみです。 また、審査が終えたばかりのせいか、全体的に少し気が抜けたようでした。 そのため最後に小さなカミナリを落としました。 途端にピシッとした様子に、思わず苦笑いでした。 「だったら最初からやりなさい!」といった心境です(笑)
attachment00
少年中級 20名ほどの子達が参加。 1時間半みっちりと試合に向けた稽古を行いました。 今年は世界大会イヤーということもあり、途中DVDで第5回までの
世界大会のダイジェストを見せました。 第4回の準決勝の場面では、「あっ、松井館長だ!」と反応してくれる子も
ちゃんといて、嬉しかったです。 また、代表選手の海での合宿の様子では、「すげえ筋肉!」「身体がヤバい!」と
驚く子がいる一方、「あれっ、夏?夏?」と意外なところを気にする子もいて、面白かったです。 スパーリングはたいき君やわたる君、もえかさんらが激しく打ち合っていました。 特にたいき君は高学年ということもあり、考えた稽古への取り組みを感じさせてくれます。
非常に良い傾向です。 一般部 試合に向けた稽古を中心に厳しめに行いました。 毎週行っている鎖骨打ちの打ち込みは、どんどん向上していて、こちらも嬉しくなります。 匠君、島崎さん、澤地さん、山西君らにはお手本を見せてもらいました。 各々が違った特徴があり、生徒の方もヒントをつかみやすかったと思います。 スパーリングは、試合参加者は基に立っての連続組み手を含め、
かなりラウンド数をこなしました。 久しぶりの参加の山西君とは、堀井さん、橋本先輩、鈴木さん、
村井君らが試合さながらの激しい打ち合いをしていました。 お互いに良い刺激になったと思います。 また、年長者ではありますが、上原さんは出入りや距離の取り方が非常に
うまくなられています。相手の嫌がることを上手に行っていました。 息上げもきっちり行い、最後はかなり憔悴しきっていました。
道場の鏡も熱気で曇っていました。 それでも終わって自主トレを行っている方々が、澤地さんや上田さんら数名いました。 高い意識で取り組んでいて、非常に嬉しく思います。 また、来週も頑張っていきましょう!


attachment00


attachment00

attachment00

土曜日指導

今日も4クラス指導にはいりました。


幼年部
20名を越える子達が参加してくれました。


いつも通り、とても賑やかで活気がありました。
子ども達からはエネルギーをもらえるので、指導していても、非常に楽しいものです。 また、今日入会した2名の子も、一生懸命稽古についてきていました。 途中、匠先生に回し蹴りのお手本を見せてもらいました。 優しそうな匠先生が、ミットに強烈な蹴りを入れると、
「すげえ!」「当たったら死んじゃう!」と、子ども達から驚きの声があがっていました。 思わず、笑ってしまいました。 クラスの最後に、先週の試合で優勝したゆうき君と、
今日で埼玉県に引っ越すしょうへい君に前で挨拶をしてもらいました。 特にしょうへい君は、少し涙ぐんでいました。 埼玉でも空手を続けるようです。 「全国大会で会おう!」と約束しました。 引っ越し先でも、頑張ってくれることと思います。 attachment00 少年初級クラス 40名弱の子達が参加。審査前日ということもあり、みんな、いい汗をかいていました。 自分は9級以上を見ましたが、移動稽古での前屈立ちからの突きは、力強さと腰の低さはオレンジ帯、
引き手などの細かい部分と気合いは青、黄色帯が上でした。 凌ぎを削っていて、良い傾向です。 また、しゅんのすけ君、いっき君、さとうゆうき君などは非常に高いレベルの移動稽古をしていて、驚きました。 まさなり君、たいき君、むらたゆうき君らは、相変わらずの安定した上手さと稽古態度で、
今後がとても楽しみです。
attachment00

attachment00 少年中級クラス 20名以上の生徒が参加。 フィジカル稽古では、全体のレベルが確実に上がってきています。 自分の身体を思い通りに使いこなすという、簡単そうで難しいことが少しずつできてきています。 空手の動きに活かせる日も近いと思います。 DVDでは、木立選手VS正道会館の板谷選手の試合を見せました。 大山総裁が生前「他流派の選手に王座を取られたら腹を切れ」と激しく諌めていた経緯を、見る前に話をしました。 木立選手が勝ったのを見て、「お腹を切らずにすんだね!」とホッとした様子の子もいました。 少し嬉しかったです。 スパーリングでは、もえかさん、わたる君、ひろき君、
たいき君、だいち君、みやはらゆうき君らが、激しく打ちあっていました。 もう少しで結果が出そうな子達ばかりです。 もっともっと能力を引き出せるように指導していきます。
attachment00 一般クラス 10名ほどの参加。 ずいぶん前から、昇段審査種目の逆立ちと棒とびの補強を取り入れています。 そのせいか、多くの方々がかなりのレベルでこなしています。 積み重ねた者勝ちだと、改めて実感しています。 ミットは先週に引き続き、鎖骨打ち。皆さん先週よりも、きれいで破壊力のある突きをだしていました。 澤地さん、二宮さんらは、軽く打っても効かせるような合理的、効率的な打ち方で、とても関心しました。 スパーリングでは、堀井さんと久しぶりの参加の橋本先輩が激しく打ち合っていました。 驚異的な破壊力の堀井さんと驚異的な打たれ強さの橋本先輩。 見ごたえがあります。 上原さんは距離やポジションを上手に取って、闘っていました。 鈴木さんも国際大会に向けて、確実に強くなってきています。 最後、皆さんバテバテでしたか、良い稽古だったと思います。 また、来週も頑張っていきましょう!

attachment00

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ