撮影順調

201103081132000.jpg

今日は朝から金久保選手と型の稽古をしてからスパーリング、後半で佐野選手も加わって合計18ラウンド行いました。

途中でカメラマンの太田さんが撮影の準備にやってきました。

準備が整うと職員の写真撮影です。
こういうのは早く済ませようと、すぐに行ったのですが「先生、鼻赤いですよ。」と太田さんにダメ出しをされました(笑)
しかし、たった今まで動いて血行が良くなっているのですぐには治まりません。
それじゃぁと入った金久保、佐野両名もやはり赤いじゃないか?

結局、そのまま撮りました。
幼年クラスでは先日の支部内交流試合で優勝したK君がメダルと賞状を持ってきてくれて皆でよく見ました。
初めて見るメダルに子供達は興奮気味でした。

試合クラスでもT君が持ってきてくれました。

低学年、高学年ともにしばらくは基本のコンビネーションと基本の受け返しを多くやっていきます。

みんな、お疲れさまでした。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

撮影

201103080024002_2.jpg 201103080024000_2.jpg

せたひがのパンフレットを現在、作製中です。
今日は稲岡君と吉井君にモデルになってもらい撮影を行いました。

樋口さん、カメラマンの太田さん、遅くまでありがとうございました。

明日は朝から分支部長の撮影です。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

支部内交流試合を終えて

201103061938000.jpg

春の支部内交流試合が終わりました。
優勝、入賞した皆さん、おめでとうございます。
負けてしまった選手も色々な思いがあるでしょうが、この経験を次に活かしてほしいです。

試合後、審判に入ってくれた先生方と反省会をしました。

選手の皆さんが真剣勝負をしているのと同じく、審判も真剣勝負でジャッジしています。
より公正で分かりやすく審判をするにはどうすれば良いか?勉強になりました。

また、指導員としてこれからどの様に指導して行くかなどを話しました。

道場生の成長は我々自身の成長でもあります。

一緒に精進しましょう!

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

試合Aクラス

201103032157001.jpg

今日の試合クラスには後藤先輩の知り合いでオーストラリア支部のカルロス選手が出稽古に来ました。

道場に入ると金久保選手が「先輩、彼覚えてます?」と言ってきました。
確かに見覚えがあります。
ウェイト制で金久保選手と戦った選手です。

戦友と再開した金久保選手はとても嬉しそうでした。

自分もスパーリングで手を合わせましたが、外人特有の骨太な体で叩き甲斐があり、とても楽しかったです。
なんと彼は2度もオーストラリア重量級のチャンピオンになっているそうです。
最近は居ませんが昔は三茶にたくさん外人がいて楽しかったのを思い出しました。
また、こうやって色んな支部から出稽古にも来てくれていました。

こういう交流をもっと増やして行きたいですね。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

選手稽古の夜

18f05aeddc212b523b40818fa2b87b33.jpg

選手稽古はいつも良い緊張感でとても楽しいです。
色んな条件下で何ができて何ができないのか?、単純に技の事だけではなく、メンタルの部分も大きく関わってきます。

稽古後も色々と考えます。
金久保選手と技についてかなり良い話ができました。
また、長嶺師範代から具体的なアドバイスも受けていましたが、最近の金久保選手に何かを感じたのかかなり前向きな精神的なアドバイスも受けていて、傍にいて嬉しかったです。

確実に進化している彼を見ている人はちゃんと評価していると確信しました。

紺野選手ともたくさん話しましたが、ベテランの彼には、今後も頑張って欲しいです。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

空手の技のその先に

昨日は金久保選手との朝錬から始まりました。
最近ますます、技に工夫が出てきた金久保選手、今日も出入りや技の出し方など色々試していました。
稽古前や、合間に色々な話をしましたが空手の技術はもちろんですが心の部分での変化がかなり感じられます。
どんどん進化していく過程を間近で見られるのは楽しいです。
ウェイト制では世界へのチケットを手に入れて欲しいです。

職員研修ではバッサイという型を何十回と繰り返し稽古しました。
毎週、職員研修では太極Ⅰから平安やその他極真に伝わる型を稽古しています。
移動稽古や基本稽古の見直しも行ったりします。
既に知っている型や技でも知らないうちにいろんな癖がついていたり、勘違いをしていたり、解釈が変わってしまったりすることがあります。
田口支部長の下、全職員が技術、知識を統一の見解を以て指導できるようにしています。

空手の稽古はとても地味で同じことの繰り返しだなぁと思います。
型を行ってもただ順番を覚えるだけでは振付を覚えただけと変わりません。
基本稽古や移動稽古も同じですが、それがどのように組手につながっていくのかを考えながら稽古をすることが大切です。
自分自身、年齢を重ねてくると短絡的な強さを求めるだけでなく、長く強さを追い求められるような空手を実践したいです。
相対的な強さだけではなく絶対的な強さがどういうものか?それを探求していくのがワクワクするほど楽しいです。
組手が強いのは当たり前ですが、それだけではなくしっかりとした空手の基礎を身に着けていきたいですね。

幼年、低学年試合クラスは打ち合わせの為、稲岡君に交替してもらい高学年試合クラスから指導に当たりました。
20日の西東京大会、3/6の支部内交流試合に出る子たちはそれぞれの目標が具体的に見えているために集中して良い感じでした。

ライトスパーリングクラスでは2名の体験者がいましたが、先輩たちが親切に教えてあげて気持ち良さそうに汗をかいていました。
一緒に稽古をするようになってくれたら嬉しいです。

初心者クラスでは先日体験をしたT君が入会して、初稽古をしました。
ここでも先輩が積極的に声をかけてくれたり丁寧に教えてくれたりと、たくさんいい光景を見ることが出来、嬉しかったです。
また、まだわからないことだらけのT君も一生懸命に周りの動きについていき声を出していたのが良かったです。
最後には道場訓も声を出して唱和してくれました。
この気持ちを忘れずにこれから稽古をしていって欲しいです。

道場には男女を問わず幅広い年齢、いろいろな職業の人が集まってきます。
人と人との結び付きの始まりは「挨拶」です。
普段我々が言っている「押忍」の挨拶には「尊敬」「感謝」「忍耐」の意味が含まれています。
少年部では「空手の稽古をして強くなる。強くなってやさしくなる。」ということを教えています。
これは大人も同じで空手の稽古をしているからこそ誰よりも強くなり、その過程でキツイことや、つらい経験を経て人に対していたわりや思いやりの気持ちが溢れ、本当の優しさで接し、相手を尊敬したり、感謝の気持ちを持つということを実践してもらいたいです。
その気持ちがあれば自然と挨拶もできれば、他人に関心を持ち、周りへの気配りが出来るようになると思います。

空手の技も繰り返し何度も稽古をし、いつでも意識しなくても自然にその技が出るようにするのと同じで、道場で行っている挨拶や返事に始まって、他人に対する気配りや優しさも普段の生活の中でごく自然に何も考えずにできるようにするのも空手の修行です。
我々には大山総裁の遺してくれた極真精神、「頭は低く眼は高く、口慎んで心を広く、孝を原点として他を益する」というものがあります。
これを実践していかなければ極真空手を行っているとは言えません。強さの先に極真精神を実践することこそ本当の実践空手になるのではないでしょうか?

最近、空手を習っていない人から空手のことを聞く機会が何度かあり、共通して言われることが空手や武道を行っている人は礼儀正しい、親切、立派な人ということを言ってくれます。
それは先達が武道を社会の中で実践してきたからであり、我々もそれを実践していかなくてはいけません。
自分自身、まだまだ修業の身ですが一緒に精進していきましょう。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ