試合A

P1020034_2.jpg

炎の焼き肉野郎共の宴が始まった[豚]

手始めに、カルビ20人前、ロース20人前、ハラミ20人前、次々と飢えた胃袋に収まっていく。

こんなもので終わるはずもなく追加の肉、肉、キムチ、肉、サラダ、肉、もちろん、ご飯[どんぶり]は大ライス!

極真カラテ家は野菜[芽]を摂ることも忘れません。

いやぁ、食った、食った…

あっ!もちろん試合クラスでは全日本大会に出る選手も関東大会に出る選手もそれぞれが目標に向かい稽古をしていました。
決して焼き肉の為に集まったわけではありません。(^_^;
P1020033_2.jpg

共に真剣に稽古で大粒の汗;;をかいた仲間同士、一緒にメシを喰らうのは実に愉しいことです。

「大食は強運なり」大山総裁の言葉です。

これからも皆、活躍するでしょう。(^+^)

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

日曜日

今日は少年クラスから一般クラス迄、5クラスを指導しました。

少年クラスでは審査に向けた稽古と体力強化の稽古を行いました。
チームに分けて体力を競い合いましたが、自然と集中して頑張ります。[グー]

そこで

「皆は頑張る力を持っているんだ!その力を基本稽古や普段の稽古に出せるともっと強く上手になる。
その力は先生や親に言われては出ない。自分から出さないと出てこない。
空手を通して頑張る力を出せるようになると、学校でもどこでも何事も乗り越えて行ける。」

という話をしました。

頑張る力をどんどん伸ばして行って欲しいです。

親子クラスでは親子揃ってビギナーズカップに出場するということで試合向けの稽古を行いました。
いつものほのぼのとしたクラスとは違い試合クラスモードでしたが、そこは親子クラス、上手くコミュニケーションが取れていました。

型クラス、ライトスパーリングクラスでは久しぶりの人が何人か来てくれて嬉しかったです(^o^)
仕事や色々な都合でしばらく道場に来られなくなっても空手のことを忘れずにいてくれる。また道場に来るようになる。
とても勇気が要るし、エネルギーが掛かると思います。…が、そうやって来てくれた事がとても嬉しいです。
もし、「あっ!しばらく道場に行ってないなぁ…」と思ったら顔(^_^)を見せに来てくださいネ('_-)

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

帯研

P1020030今日も激しい稽古でした。
P1020029スパーリングでは順番に元に立ち掛かり手が対戦相手になりきって行いました。
それぞれの相手をイメージし、良い感じで対策していました。

疲れている時期にもかかわらずラッシュもすごいスピードで動けていました。
全日本大会まであと、1ヶ月。照準は定まっています。
皆、ものすごい試合をしてくれると思います。

佐野選手の佐野スペシャル3も完成間近です。
2m10cmの高さのボールまであと...
100Kgを超える巨体が宙を舞う姿は圧巻です。
重量級でありながら軽量級を感じさせる軽やかな動きは本当はあのお腹の中には何が入っているのだ???

稽古の後は、お互いの体を癒しあってここでも「男の絆?」を深めています(笑)

P1020028P1020032全日本を100倍楽しめるちょっとしたコツ…その2

試合は、なるべく皆で見てその時、その時の試合を自分たちで分析しすぐに話し合うと記憶に残りやすいです。
またそこで自分が考えても見なかったことを考えている人の意見を聞いたり、「なるほど!」をたくさん発見すると自分の稽古に活きてきますよ!

祝勝会

P1020007.jpg
先日行われた城西カップの祝勝会を行いました。
平日にも関わらず16名もの人が祝福に来てくれました。

本当にこういった人の為に集まれる仲間って嬉しい(^o^)ですね。

優勝した澤地さんも準優勝の田川さんもとても嬉しそうでした。
今回、二人が試合で頑張ったことで回りの人たちも幸せ(^_^)♥♥にしたことを忘れないで欲しいです。

P1020008.jpgさらに今日は今まで未成年だった為、この様な会に参加できなかった中田さんが先日、誕生日[バースデー]を迎え、晴れてデビューしたので誕生会も兼ねて行いました。
改めてHappy♪(^_^)♪Birthday

これからも皆が互いに協力したり助け合ったりする輪(和)を広げていきたいなぁと思います。

今回も会を仕切って頂いた上田さん、有り難うございました。
また、お忙しい中、参加していただいた宮地先生、有り難うございました。

P1020010.jpg次はいよいよ迫った全日本、道場一丸となって応援しましょう。

その全日本の壮行会が11/14にあります。こちらも是非、参加して選手への激励をお願いします。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

秋の贈り物

P1020005.jpg

自宅に秋の味覚が届いていました。

試合で知り合った九州のK先生からです。

試合中、本当に試合をしていることが楽しいと思った選手です。

試合後、話をするとその理由がわかりました。

空手に情熱を注ぎ、後進の指導をしながらも自ら稽古を怠らない。
いつでも刀を磨いでいる。
生活そのものに空手を活かしている。
そんな武道家然とした人柄が組手を通して伝わって来たのです。

確かに試合は競技である以上、スポーツ的な要素があることは否めません。

しかし極真空手である限り武道精神を忘れてはいけません。

そんな人との出会いや繋がりができるのも極真空手の素晴らしいところだと思います。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

火曜日

今日の幼年クラスは全員が白帯でした。
今まで、色帯の先輩の後ろにいた子が今日は先頭に並んで、同じ白帯ですが少しあとに入った子の先輩として振舞っている姿を見るとさすがに成長したなぁと実感します。
まだ、慣れていない子が多かったので基本を多く、中でも受け技をじっくり行いました。

「分からないことやできないことがあるのは当たり前、だから稽古をするんだ。分からないからやらないんではなく、分からないからこそ元気よくやるんだよ!失敗しても良い、いっぱい間違えてどうしたら上手になるか考えなさい。そのほうがもっと上手になるよ」と話すと皆、間違えたりしながらも真剣な眼差しで一生懸命稽古していました。

低学年試合クラスでは今まで、実力はあるけど自信がなかった子が自分より格上の子に中段突きをきめました。
技をきめた子自身がびっくりしていたようですが、絶妙のタイミングでとても素晴らしい技でした。
相手を気遣い「ごめんね」と言っていましたが、「気遣う優しい気持ちはいいけど、悪ふざけをしたのではなく稽古でのことなので謝る必要はない。むしろ自信を持って自分の技を高めなさい。今度は自分がやられるかもしれないよ」と話しました。
稽古の後、やられてしまった子にも「なぜ、やられたかをよく考えること。そこからまた、どんな稽古をしたら良いか考えなさい。」という話をしました。
今回は、技をきめた子は必死でした。逆にきめられた子は普段から優位に攻めていることから油断をしていました。二人を見ていて自分もすごく勉強になりました。二人ともこれをきっかけにより強くなってくれると信じます。

中高学年試合クラスは最近、「技の習得」をテーマに行っていますがミットや受け返しで行ったことをスパーリングで試す子が増えてきて嬉しいです。ミットのためのミット稽古や受け返しのための受け返し稽古になってしまってはよくありません。
大事なのはスパーリングに繋いでいく、その先には組手(試合)があります。さらにその先には...
そういった目線・意識で稽古することを習慣としてつけさせていきたいです。

今日のライトスパーリングクラスはいつもより少し人数が少なめでした。
そのせいもあってか少し元気がなかったような...
なぜ、大きな声を出すのか、「気合」の役割を話しました。
一般のクラスでは中学生や高校生も参加しますがもちろん社会人の方が多数参加されています。
学校生活でもそうですが社会の中でこそ気迫というものが大切だと思います。
大山総裁の言葉の中でも
財を失うは小、信を失うは大、覇気を失うは己を失するものと知るべし
(金を失うことは小さい事である。信用を失うことは大きい事である。勇気を失うことは自分を失う事である。)
とあります。
空手の技だけではなく大きな声を出したり、気迫を見せたりと普段はできそうでなかなかできていないところを訓練することも道場での稽古であり、空手の修行です。
みんなで「ワーッッッッッ!!」と大きな声を出しましょう!

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ