ホーム » 指導員ブログ » 秋の贈り物

P1020005.jpg

自宅に秋の味覚が届いていました。

試合で知り合った九州のK先生からです。

試合中、本当に試合をしていることが楽しいと思った選手です。

試合後、話をするとその理由がわかりました。

空手に情熱を注ぎ、後進の指導をしながらも自ら稽古を怠らない。
いつでも刀を磨いでいる。
生活そのものに空手を活かしている。
そんな武道家然とした人柄が組手を通して伝わって来たのです。

確かに試合は競技である以上、スポーツ的な要素があることは否めません。

しかし極真空手である限り武道精神を忘れてはいけません。

そんな人との出会いや繋がりができるのも極真空手の素晴らしいところだと思います。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ