日本一の富士山

富士の麓に、我が家の墓参りに行ってきました。

F1020699F1020701

正月といえば
初日の出―御来光―富士山。
一富士、二鷹、三茄子。

F1020720F1020729

地方に行けばその地の富士山。都内でも富士見台、富士見坂など富士山に因んだ地名も多い。
また、最近では少なくなっている銭湯の壁には富士山。

F1020715

・・・自分が海の男をしていた頃、西伊豆の大瀬崎というところの海面から見る富士山は、海―松林―富士山というまさに銭湯のそれであった。海面直下の水中から見る富士山もまた格別なものだったなぁ・・・

古くから文学や芸術にも富士山をモチーフしたものが多く、フジテレビや富士通など富士の名を冠した名前も多い。
そのくらい日本人は富士山が大好きなのである。

霊峰富士、やっぱり富士山はいつ見ても素晴らしい!
特に冬は雪化粧が澄んだ空気の中、青い空に良く映えて美しい!

F1020751F1020753

ご存知のように富士山の標高は3776mで日本一高い山である。
子供の頃、この標高を覚えるのに「みななろう日本一」と語呂合わせで覚えたものだ。
F1000000そう、今にして思えば日本一には皆成れるということを富士山が教えてくれていたのである。
どのような日本一に成るかはその時々で姿を変える富士山のように人それぞれで良い。
肝要なのは山の頂を目指すかどうかということだ。

数年前、田村指導員と富士山を登った。
先日もたまたまその話を二人でしたが、実に良い経験だった。
頂上で迎える御来光、浅間神社へのお参り、山頂での超高級おしるこ、お鉢巡りで最高峰の剣ヶ峰、
何とも言えない感動でいっぱいだった。

F1020754

ある年、先輩から「日本で一番高い山は何だ」という話をされた。もちろん富士山である。
「では、二番目に高い山は?」「・・・」知らなかった。
「試合でも同じだよ。優勝者は知っていても準優勝は覚えられないよ。どうせやるなら、一番のほうがいい。」
「・・・」前年、極真祭で準優勝して今年こそはと思っていたときに言われたことだ。
結果はまたしても準優勝、その後もまだ頂には達していない。
毎回今度こそはと思うのだが富士山を見ながらこの話を思い出し、決意を新たにしました。
(2番目は南アルプスの赤岳、3番目は北アルプスの奥穂高岳・・・悔しいからあとで調べました。)

よしっ!稽古するぞぉー!!

しかし、一日中良く富士山が見えていたなぁ。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

初稽古

明けましておめでとうございます。
皆さん、良いお年をお迎えのことと思います。

お正月はどのように過ごしていますか?

稽古納めが終わってたくさんの忘年会や正月の料理に体が完全に休みモードになっていたところ
金久保君から「そろそろ稽古しませんか?」ということで今日からまた、稽古をスタートしました。

いつもより時間をかけて体を温め1ラウンド目、金久保君の強烈な突きがミット越しにズシンッと響く。
久しぶりの1発目にちょっと体がビックリすると共に「そうそう、この感じ!」と思わず笑いがこみ上げ、すぐに体が目覚めました。

二人で約2時間の稽古を終えるとお互いの体をマッサージしながら色々な事を話しました。
中でも金久保君が道場を良くしてもっと盛り上げていきたいと熱く語っていたのが嬉しかったです。

久しぶりにかいた汗がとても気持ち良かったです。
1日も早く気持ちの良い汗をかきたい方は自主トレ開放は5日の14時からですので、道場に行きましょう!!

通常稽古開始は7日からです。

本年も宜しくお願いいたします。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

田無道場餅つき大会

佐野先生のお誘いで(佐野先生、ありがとうございました。)田無道場の餅つき大会に行ってきました。
田無道場に行ったことのある人は知っていると思いますが、道路をはさんで向かい側に田無神社があります。
そこの境内での餅つき大会でした。

最高の天気に恵まれ、産まれたばかりのかわいい赤ちゃんを連れたお宮参りの参拝客も多く、このような場所で餅つきができるとは、田無道場は地元に根付いているんだなぁと思いました。

餅つきは道場生の父兄の皆さんの協力の下、盛大に盛り上がっていました。
(大変お世話になりました。皆さんのお陰でとても楽しいひと時を過ごすことができました。この場をお借りしてお礼を申し上げます。)

佐野先生と小川君の師弟愛で息の合った杵打ち、見る間においしそうな餅がつきあがります。
少年部の子供たちは出来上がるはしから食べまくります。
さすがは佐野先生の生徒です。食欲旺盛でたくましい。

佐野先生は子供たちとロシアンルーレットで子供たちと勝負!
一つだけ大量の唐辛子が入った餅...見事、佐野先生に当りました。

さて、この田無神社、少年部のお母さんから「境内に黒・白・赤・青・金の5匹の龍がいます。どこにあるか探索すると面白いですよ。黒龍を見つけた道場生は上段廻し蹴りがきれいに相手にヒットしました。」ということで探しに行きました。
すると、「なるほど...こんなところに...あっ、こんなところにも...」見つけました。
それぞれが御神体として境内の各地に奉られていました。
詳しい場所は実際に行って見つけてください(笑)

写真は五龍の掛け軸です。
(因みにこれは一つのところにまとまってあります...すぐに分かります。)

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

世田谷ボロ市

P1020075.jpg

毎年恒例の世田谷ボロ市、経堂に住んでいた頃は行っていましたが、たまたま金久保君との朝練が休みになり、時間が空いたので行ってきました。

あれから十数年、世田谷線に乗って上町駅で下車し、ボロ市通りまで歩いていくと懐かしい空気にワクワクしてきました。

今回でなんと430年になるそうで歴史の重さを感じます。

そう、江戸時代から続くこの市は、現代風に言うとフリーマーケット。
沢山の出店があり、普段は見慣れない珍しい物や掘り出し物がありました。

今回は時間があまりなかったので立ち寄りませんでしたがこの通り沿いにある代官屋敷も面白いです。

毎年、12月と1月の15、16日にあります。
良ければ覗いてみてください。
ノスタルジーの世界が楽しめますよ。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

10人組手

お疲れ様でした

お疲れ様でした

極真空手の荒行の一つ、昇段時に行われる連続10人組手。
この伝統こそ、極真空手の強さの証明です。
大山総裁が常々言われていた「実践なくんば証明できない」をまさに体現するものです。
理屈ばかり並べても実際にはできなかったり、弱かったりしたのでは説得力がありません。
「証明なくんば信用されない」実際に証明してこそ信用されるし、「信用なくんば尊敬されない」そこから尊敬も生まれてきます。
それこそが極真空手の黒帯の価値だと思います。

田口支部長が常々言われているように、「強いけど・・・」「あいさつが出来ない」「返事ができない」「声が出ない」などはもってのほかです。
強いからこそ「頭は低く目は高く、口慎んで心を広く、孝を原点として他を益する」という極真精神を実践していかなければなりません。

今回の昇段審査は溝畑まひるさんは国際大会で準優勝、永吉美優さんは同第3位、中学生の土屋昂輝くんも陰の実力者、壮年の並木さんは極真祭で準優勝、稲岡君は茨城大会2連覇で現役の全日本選手と近年稀に見る実力者たちの受審でした。

これに対し掛かり手も、元全日本ウェイト制王者の近藤博和、尾崎亮を始め、現役全日本選手や国際大会2連覇の加内翔介など少年部から壮年まで、国際チャンピオン、全日本チャンピオンを始めトップクラスの人がほとんどで本当に受審者にとって大変過酷な、しかしとても貴重な連続組手となりました。

皆それぞれが自分の持ち味を生かした組手をし、無事に完遂しました。
自分も何度か連続組手をしましたが、その一つ一つが今の自分の財産です。これは経験した者しか分からないと思いますが、試合とはまた違った緊張やプレッシャーの中、拳に込められた皆の気持ちを一つ一つ受け止めながら挑戦していく。達成した喜びは何物にも変え難いです。それが自信になり更なる高みを目指す糧にもなります。

今回の受審者もきっと充実感に包まれていることでしょう。
昇段に合格すれば黒帯です。特に今回の人たちはこれから各道場はもちろん世田谷東支部、そして極真を代表する人になると思います。
ぜひとも誇り高い極真の黒帯として、今後ますます共に精進していきたいです。

今回応援に来てくれた道場生にとってもこれだけのメンバーで行われることはめったにないのでとても貴重な経験になったと思います。
これを期にまた稽古に励んでもらいたいと思います。

審査の後、支部長を始め皆でまた、焼肉に行きました。s_0106
木曜に行ったばかりなのにやはり食べてしまいます。(笑)

さすがの稲岡君は「試合よりダメージはありません。全然、疲れてません」とコメントはすでに黒帯でした。(笑)
しかし、時々見せる表情はやはり疲労感が漂っていました。

掛かり手に協力してくれた選手会副会長の尾崎コーチはさすがせたひがを代表する大食漢!

s_0111

ひとりで10人前くらいの肉をあっという間に平らげてしまいました。
ビール片手に肉を食べるときの尾崎コーチは幸せそうです。(笑)

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

極真ファミリー

P1020072.jpg

先日行われたビギナーズカップで城北支部の壮年戦士の刀根さん(壮年全日本で重量級準優勝)と空手談義をして、今度一杯やりましょう!と約束していたのが実現しました。

刀根さんは仕事の関係で転勤が多いのですがそれでも各地の極真の道場で研鑚を重ねて黒帯を取り、全国で準優勝するほどの実力を付けました。

極真空手の素晴らしさの一つは道場が日本全国はもとより世界中にあることだと思います。
刀根さんのように転勤などでやむを得ず道場を離れなくてはならなくても行く先に極真の道場があれば、稽古を続ける事ができます。

また、各地に道場があるからこそ色んな人との出会いがあり離れていても意識して刺激をもらったり、たまに会うと嬉しかったりします。

純粋に空手で繋がっている仲間は本当に大切です

まさに極真ファミリーです。

空手は一人で強くなるには限界があります。
仲間やライバルがいればこそです。

一緒に稽古する仲間を作って心を込めて稽古をして同じように高い目標を持つと良いです。

[パンチ]かとうみずき[パンチ]

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ