土曜日(11月14日)の指導

里山です。

 

いよいよ来週は世界大会ですね。

 

2大会連続で世界王者は海外に流出していますが、今回は日本人が取り戻してくれる期待感でいっぱいです。

 

 

代表選手の方たちは、悔いの残らないように頑張ってください!

 

 

今日も4クラス指導に入りました。

 

 

●幼年クラス

 

今日も非常に大勢の子たちが来てくれました!

 

最近、三軒茶道場は幼年クラスの入会が多く、今日も白帯の子が8割ぐらい。

 

先輩たちが、気合や迫力で圧倒されるぐらいに、白帯の子たちは元気に頑張っていました!

 

 

基本稽古の後は、白帯チームと色帯チームに分けての稽古。

 

色帯はいつものように、移動稽古と型稽古。

 

稽古している子一人一人に、観ている子からアドバイスをしてもらいました。

 

アドバイスの際、どうしても直すところばかりに目が行きがちの子が多かったため、良いところも伝えるように話しました。

 

 

私自身、指導では、なるべく良い所を見てあげられるように意識はしているつもりですが、実際できているかどうかは、自分だけでは判断できません。

 

普段から、こちらの指導が「ダメ出し」ばかりに決してならないように、再確認していかなければと思っています!

 

image1 (3)

 

 

 

●少年初級クラス

 

毎月第2土曜日は小学校の公開授業のため人数は少なかったですが、審査に向けてみんな元気に取り組んでいました!

 

白帯のみなこさんは、まだ6回の稽古ながら、覚えるスピードが抜群に速い。

同じく白帯の、みつき君も綺麗な回し蹴りを出します。

 

どんどん上達していきそうな二人で、とても楽しみです!

 

 

青帯以上は、審査や型試合に向けて、移動、型の稽古。

 

型試合に出場のみきと君には、最後にみんなの前で、披露してもらいました。

 

直すところは勿論ありますが、少しずつ、まとまりが出てきています。

 

また、その直後に型試合で優勝経験のある、きょうこさんにも、皆の前で、披露してもらいました。

 

 

やはり、チャンピオンになるだけあり、安定した上手さ。

 

 

みきと君も、きょうこさんに続いてもらいたいものです!

image2 (1)

 

●少年中級クラス

 

今日は、スパーリングの負荷を少し高めました。

 

強いスパーリングだけ。

 

実力差がある場合は、胴パット着用のみ許可しました。

 

一番背が高く、強打を誇る5年生のなおゆき君に、4年生のこうすけ君、2年生のしゅうすけ君を組ませました。

 

二人とも、最初は不安そうでした。

 

こうすけ君は、1,5倍は大きいなおゆき君に、胴を着けながらも互角の闘い。

恐怖心もあったせいか、真剣に自分の体を守ろうと、抜群の反応を見せていました。

終わった後は、少し自信がついたような表情。

非常に良かったです!

 

しゅうすけ君は初っぱなに、なおゆき君の強い蹴りで泣いてしまいましたが、ちょっと休ませた後に、直ぐに続けさせました。

普段なら、辞めるしゅうすけ君も、今日は向かっていきました。

 

2年生ながら、抜群の体格のしゅうすけ君。

 

少し高いハードルですが、彼の可能性を考えれば乗り越えていけるレベルです。

 

 

稽古後、しゅうすけ君に「しゅうすけには、日本一になってもらいたいなあ。今まで、三軒茶屋道場の少年部で日本一になった子は、あかり先生だけなんだよなあ。2千人ぐらいいたけど、あかり先生一人なんだよなあ。」と話しかけると、「え、あかり先生だけなの?」と驚きながらも、一瞬、彼の闘志に火が付いたように見えました。

 

涙と汗の数だけ、強くなれます。

 

なんとか、厳しい稽古に付いてきてもらいたいものです!

image3 (1)

 

●一般クラス

 

今日は、緑以上の上級者ばかり。

 

スパーリングでは、レベルの高いしのぎ合いが見られました。

 

関東大会に出る山西君と益田さんには、茶帯、黒帯にどんどん掛かってもらいました。

 

連続でのスパーなので、当然思うようにいかない場面ばかりですが、その中でも気持ちや技を途切れさせないことを、強調しました。

 

2人とも、しっかりと「もがけて」いました。

 

山西君は堀井さんとの攻防で、タイミングを見計らった鋭い上段も。

ただ、合い間に「選手なんだから、何もさせないぐらい圧倒しなきゃダメだ」と伝えると、ワンギア上がって、いい闘いをしていました。

 

関東大会では、全日本ウェイト制で上位に進出した選手とも当たる可能性が高いとのこと。

 

大物食いで、一気にトップグループに喰い込んでもらいたいものです。

image4 (1)

来週はお休みになります

 

世界大会の応援よろしくお願いします!

 

今週もお疲れ様でした!

 

 

土曜日の指導(11月7日

 

里山です。

 

 

浅田真央選手が、復帰戦で優勝したようですね。

 

 

ソチ五輪での大きな挫折を乗り越えようと、再び巨大なプレッシャーに立ち向かって前に進むその姿勢は、観る者に大きな力を与えてくれます。

 

 

今度の極真世界大会でも、いろいろな試練を乗り越えて勝負に賭ける選手たちの、熱い闘いが数多く観られることと思います。

 

 

素晴らしい試合を、ぜひ期待しています!

 

●幼年クラス

 

今日も、いっぱいの子たちが来てくれました!

 

 

基本稽古の回し蹴りでは、「前に出て、お手本を見せてくれる子はいる?」と尋ねると、「はい!」と白帯からも、たくさんの子たちが前に出てきて、回し蹴りを見せてくれました。

 

もちろん、完璧じゃない回し蹴りの子ばかりですが(笑)、やる気マンマンの、その気概がうれしかったです!

 

この年齢で、上手いとか下手とか、失敗とか成功とか関係ありません!

 

「みんなの前で技をするぞ!」という、積極的な気持ちが大事です。

 

その姿で、道場の雰囲気がパッと明るくなったり、「自分も失敗など気にせずに、いろいろなことに挑戦してみよう!」という人が出てくる。それだけで、彼らは大きな仕事をしたことになると、個人的には思っています。

 

これからも、どんどんお手本に出てきてください!

IMG_20151108_171107

 

●少年初級クラス

 

あかり先生から「今日、小学校は展覧会のようです」との知らせを聞いていました。

 

去年もこの週は参加人数が少なかったので、「少し風邪気味だし、ちょうど良かったかな?」と、ちょっと油断していましたが(苦笑)、普通に子供たちが来てくれました(笑)

 

指導後は、逆に元気になってしまい、彼らに感謝です!

2015-11-08-16-57-48_deco

 

補強では、「指立てキープ」と「足上げ腹筋キープ」を行いました。

 

どちらも、たまに行いますが、なかなかキチンとできる子はいません。

 

足上げ腹筋などは、最初から足を地面につけている子も(苦笑)

 

「お腹を踏んづけるぞ!」と足を振り上げた時だけ、「ピッ!」と足を上げていました(苦笑)

 

 

途中から青帯以上は、審査技の移動稽古、型を行いました。

 

力強さや形などは、大きな問題なくできています。

 

あとは細かい部分や、更に速さ、強さ、気合などをワンランク上げられれば、問題ありません。

 

真面目に取り組んでいる子たちばかりなので、もっともっと引きあげていきたいです。

 

 

 

 

2015-11-08-16-54-14_deco

2015-11-08-16-49-15_deco

 

●少年中級クラス

 

支部内交流試合が終わってから、少しずつメニューを変えています。

 

稽古態度への厳しさも、少しずつ上げています。

2015-11-08-17-01-10_deco

土曜日のこのクラスは、以前は恐怖心や痛みへの嫌悪感からか、まともにスパーリングができない子たちが多く、レベルやメニューの設定にひと苦労していました。

 

しかし、ここ一年ぐらい、その領域から抜けつつあります。

 

 

先の支部内交流試合では、三軒茶屋道場の子たちの入賞者が予想より少なく、悔しさがかなり残っています。

 

もちろん嬉しい成長の報告も、たくさん耳にしました。

だからこそ、結果にもこだわりたい。

 

子供たちが頑張っている姿を見ていたこともあり、次回に期するところが多分にあります。

 

こう見えて、相当、悔しさがあります!

 

そのため、すでに次回に向けて、土曜日のあかり先生や匠先生とは、いろいろと話は進めています。

 

田口支部長や加藤先生とも時間を見つけて、土曜日の指導でできる役割を相談しようとも思っています。

 

 

ただ、その一方で子供たちには、「結局は自分で這い上がるしかない。本当に勝ちたければ、自分で行動を起こして、何かをしていくはず。人に依存したり、人のせいにしない強さを見につけてもらいたい」という思いもあります。

 

結局、他力本願では何事もなし遂げることはできません。

一過性の成功はあっても、長期的な成功は難しいと思っています。

その部分に早く気づいてもらいたい。

 

 

ただ、幸いにも、何名かの子は少しずつ意識が変わってきています。

ちょっとずつですが芽が出はじめ、花が開きつつあります。

 

 

私自身、週に一度しか指導に入れませんが、「それでも何かを伝えることができるはず」「強くすることはできるはず」という自分勝手な思い込みを現実に変えられるよう、子供たちに接していくつもりです。

2015-11-08-17-04-34_deco

 

●一般クラス

 

関東大会を間近に控えた益田さん、受審予定のたいき君、上田さんらを中心のメニューで、稽古を行いました!

 

 

型では、堀井さん、益田さんらは、一回一回の技をしっかりと行っており、終わると汗びっしょり。

それに比べて、たいき君、じょう君の「中一コンビ」は、涼しい表情。

 

 

「順番を覚えることでいっぱいなのかもしれないが、大人の人が、あんなに汗を掻いて、なんで君たちは散歩でもしてきたかのような涼しい顔なんですか?」と、突っ込むと、「やべえ!」といった表情(苦笑)

 

 

 

まだまだ、のんびり気分が抜けてきれていない二人ですが、それでも継続して来ているので、少しずつですが、成長はしています。

 

長い目で指導していきたいと思います(笑)

 

 

スパーリングでは、益田さんには、橋本先輩、山西君、堀井さん達に連続で掛かってもらいました。

 

-上級者相手に、益田さんは劣勢でしたが、それでも最後まで技を返そうと、喰らいついていました。

 

関東大会間まで、あと一か月。

もうひと踏ん張りです。頑張っていきましょう!

 

 

最後の集合写真は、たいき君のリクエストで「両手(もろて)突き」・・・と言いたいところですが、「マジンガーZのロケットパンチ!」だそうです(涙)

 

きっと、ロケットパンチを越える突きを出せるようになるぞ!という意味を込めての提案だと、信じます(笑)

image1 (5)

 

今週もお疲れ様でした!

土曜日の指導(10月31日)

 

 

里山です。

 

 

今日も4クラス、指導に入りました!

 

 

●幼年クラス

 

今日もみんな元気いっぱい!

3人のお友達も体験に来てくれました!

 

 

基本稽古では、色帯の先輩はもちろん、白帯の子もだいぶ進歩してきています。

 

いってつ君は、技の鋭さや気合がレベルアップしてきています。

 

ゆうた君、うた君、こうせい君は、二組に分けた稽古では、技のレベル、年齢や体格、精神面などの点から、色帯の先輩たち側に交じって練習してもらっています。

 

しょうたろう君、さこん君、なお君、こうのすけ君も、技をだいぶ覚えてきているようです。

 

じゅん君は小さい体ながら、しっかりとした不動立ちで、いつも真剣に取り組んでいます。

 

また、ここで名前が挙げられなかった子たちも、歩みのスピードに多少の差はあっても、着々と成長しています。

 

前回の審査では、白帯の子たちで受審できるレベルの子たちが、あまりいませんでした。

 

そのぶん、今回は一人でも多く、受審レベルに達するように指導していきたいと思います。

2015-11-01-22-56-46_deco

●少年初級クラス

 

今日も多くの子たちが参加してくれました!

 

全体的に、基本稽古から機敏に動き、集中力も高かったです。

そのため、非常に指導もしやすかったです。

 

 

また、以前は集中力に欠けることもあった、きょうしろう君、ましゅう君も、だいぶ落ち着いてきたように思います。

 

 

学生の頃、ラグビーを形容したセリフで、「ラグビーは少年をいち早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を抱かせる」というのを目にしたことがあります。

 

いい言葉だなあと思ったのと同時に、空手にも、そういった面はあると思っています。

 

彼ら二人を見ながら、そんなことも思い出しました!

image1 (2)

●少年中級クラス

 

今日は、久しぶりに、れお君、たいが君兄弟も来てくれました。

 

平均点が高く、また安定感のある組手を見せてくれました。

 

取り組む姿勢も良く、他の子にも良い影響となるので、今後も継続して来てくれるとうれしいですね。

 

 

 

今日はビデオ鑑賞で、狛江道場の荒井先生が日本一になった、第15回全日本ウェイト制大会の試合を見てもらいました。

 

大学卒業後、北海道から空手で強くなりたいという一心で上京され、旧三軒茶屋支部に入門された荒井先生。本当に多くの苦労や挫折をされながらも、驚異的な執念と努力で日本一に輝かれた、そういったエピソードも子供たちに話しました。

 

普段、温和な荒井先生ですが、勝負の中では別人のような物凄い気迫。

 

今見ても、グッと見入る試合です。

 

 

特に決勝戦での、相手の胴回し回転蹴りをまともに顔に浴びながらも、怯まずに攻め抜く場面では、子供たちも「あっ!」と驚いていました。

 

試合に勝ち、荒井先生が松井館長と握手される場面では、「みんなも優勝して松井館長と握手したり、ビデオに出られるような強い選手になりな!」と、伝えました。

 

ただ、それを聞いた後、そうた君が「荒井先生に子供がいたら、きっと喜ぶね!」と、意表をつくコメント(笑)

 

「そう来るか!」と、笑ってしまいました。

 

 

そうた!荒井先生には、お子さんがいるんだよ!

もちろん、きっと喜んでいると思うよ!(笑)

 

 

 

 

スパーリングでは、りゅうのすけ君が技術や強さが、ぐんぐん伸びてきています。

 

先の支部内での結果に、彼なりに思う所があったのかもしれません。

技のバリエーションも増え、いろいろな事を試そうという攻めの姿勢が出てきました。

 

以前は差があった、もえかさんとも接戦。

もえかさんが、あわやという場面も。

 

そういう切磋琢磨が、互いの成長を促してくれます。

 

もともとセンスはピカイチの、りゅうのすけ君。

本気になれば全国クラスの逸材です。

この調子で、走り続けてもらいたいものです。

 

 

また、ひろき君も腹を効かされながらも、積極的に相手に向かっていっていました。

「大丈夫か?」と尋ねても、以前とは異なり弱気になることもなく、「平気です!」との逞しい返事。

 

長い間壁だった、強い攻撃を受けた際のメンタル面。

「よく、頑張って乗り越えたな」と、その成長が本当にうれしかったです。

 

もともとクラスでも12位を争う蹴りの打点の高さの持ち主だけに、今後が楽しみです。

 

 

今日は稽古の終わりに、稽古中に本気モードになっていない子数名に向けて、「やる気のある子の足を引っ張るようなら、このクラスに来なくていい」と話しました。

 

「稽古態度を考えなさい」と。

 

それに付随して、支部内交流試合での件も交えて、挨拶の話もしました。

 

「勝とうが負けようが試合後に、先生や仲間、両親などにお礼のあいさつに行った人はどれぐらいいるの?」と。

 

自分一人の力だけで試合に出られたわけではないのだから、負けて辛い気分の時でも、勝って嬉しさでいっぱいの時でも自分の事だけで手一杯になってはダメだ、という話をしました。

 

私の知っている限り、いつもちゃんと挨拶に来るのは、宮原たいき君とゆうき君兄弟だけです。

長い目で見れば、やはり、そういう子が強くなっていく。

そんな話もしました。

 

 

全体的にすこしずつ、実力が上がってきています。

それだけに、精神的にもどんどん上を目指させるように、心掛けていくつもりです。

image2 (1)

●一般クラス

 

 

今日は、指導のため道場に降りると、「オス、せんぱ~い!」と懐かしい声。

 

見ると、なんと、5年ぶりに竹内くんが道場に来てくれました!

 

 

現役のころ、ずっと一緒に汗を流してきた仲間で、全日本ウェイト制、全日本大会にも出場していた竹内くん。

つい、嬉しくなって、指導員という立場をわきまえずに、「たけうちぃ~!」と、お尻を蹴っ飛ばしてしまいました(苦笑)

 

 

その彼ですが、スタミナはガタガタでしたが、高い空手センスは昔のまま(笑)。

 

これからは定期的に参加できるそうです。

 

他の道場生の方も是非、彼に胸を借りてみてください!

 

 

ミット、受け返しでは、今日も後ろ蹴りを多く練習しました。

いろいろなパターンや崩しなども入れての、後ろ蹴り。

 

益田さんや匠くんは、良い感じでミットを蹴っていました。

 

また、澤地さんはミットだけでなく、スパーリングでも積極的にチャレンジしていました。

 

上田さんも少しずつ、感触をつかんできているようです。

 

 

後ろ蹴りは、まともに当たれば、試合の流れを変えたり、一本勝ちを狙える大技です。

是非、身につけていきましょう!

 

 

最後の集合写真のポーズですが、最初、竹内君に考えさせました。

 

しかし、昔のノリでの、道場では見せられないバカなポーズばかり(苦笑)

 

大人の方や、もえかさん、たいき君も苦笑い(?)していました。

 

ということで、普通の構えで撮りました!

image3

 

今週も、お疲れ様でした!

 

土曜日の指導(10月24日)

里山です。

 

 

ハロウインの時期ですね。

 

 

と言っても、私の子供の頃には無かったものなので、変装して楽しそうにしている人たちを見ても、正直あまりピンときませんが(笑)

 

 

 

変装すると別人格になるような昂揚感が楽しいのかなと、勝手に想像しています(笑)

 

 

 

普段は、かなり面倒くさがりの自分が、道着を着ると、「しっかりしなきゃ」と思うのも一種のハロウインみたいなものなのでしょう(?)

 

 

 

今日も4クラス指導に入りました!

 

●幼年クラス

 

今日も多くの子が参加してくれました 。

 

幼年クラスは最近、平均して20名ほどの参加と、大変にぎわっています。

2015-10-24-23-12-57_deco

指導にあたっては、クラス前に30分弱、あかり先生、匠先生とミーティングをしてから、指導に入ります。

 

 

そこで、ビジョンや課題、目標、注意事項、運営方法などを共有してもらっています。

 

 

まだまだ、煮詰めていったり、洗練させなければならない事ばかりですが、だいぶ成果も出てきているように思います。

 

 

特に幼年部では、短い時間で幼い子たちに技を習得してらうためには、漠然した指導だと進歩の効率が思うように上がりません。

 

私のクラスの場合、基本は「空手の楽しさを知ってもらう」「礼儀を見に付ける」という点に重きを置いています。それに付随して、心身の可能性を伸ばしていくような環境づくりも心掛けています。

 

 

促成栽培をするつもりは全くありませんが、どんどん成長していけるような指導をしていきたいとは考えています!

2015-10-24-23-18-10_deco

●少年初級クラス

 

今日も多くの子達が、一生懸命汗を流していました !

 

 

最初から二つに分けての指導。

 

白、オレンジ帯はあかり先生が担当。

沢山の子たちを、しっかりとまとめており、大音響の気合が道場内をこだましていました!

 

 

青帯以上は、二人組での片足スクワット。

2個のミットを重ねた上で行いました。

 

不安定な場所での片足スクワット。

普段使わない筋や運動神経、柔らかい筋肉を養う目的があります。

その難しさが、子供たちを盛り上げていました!

 

これは、私が現役当時に通っていたジムで行っていたトレーニングの応用です。

 

そのジムでは、昔から松井館長をはじめ、極真のトップ選手たちも数多くトレーニングをしてきました。

私も長い間に渡り様々なトレーニングを受けさせてもらい、本当に能力を引き出してもらいました。

 

 

人体の構造や運動理論を、非常に深く掘り下げていた先生がコーチをされており、当時の高重量負荷やサーキット・トレーン二ングが全盛のころに、既にかなり高度な体幹トレーニングも提供してもらっていました。

 

その時の数々のトレーニングは、とても貴重な財産であり、今も指導の引き出しとして用いることも多いものです。

 

そういった自分の経験を子供たちのレベルに合わせて、どんどん提供していければと思っています。

2015-10-24-22-35-06_deco

 

 

●少年中級 クラス

 

試合に参加した子たちも多く参加。

 

勝った子も負けた子も、どこかスッキリした様子がうかがえました。

 

 

稽古の最後に、試合で負けてしまった子たちには、

「会社の社長や総理大臣、ラグビーの日本代表の人たちだって、たくさん、たくさん失敗や負けがあった。でも、「もう駄目だ」「辞めよう」ではなく、弱点や欠点を埋めて、次に活かしてきたから成功できた。諦めずにそうやって続けていけば、成功できるよ」

そんな話をしました。

 

こちらも指導する側の立場として、支部内での内容を鑑みながら、今後の稽古の方向性や、メニューなどをしっかりと検討していきたいと考えています!

2015-10-25-18-29-52_deco

 

●一般クラス

 

支部内交流試合を終えたばかりの土曜日。

 

きょうは、久しぶりに山田さんが参加してくれました!

 

体格に恵まれながら、その体格に頼らずに、確実な受け返しと落ち着いた組手運び。

しばらくぶりに見る山田さんの実力が非常に高くなっていて、とても頼もしかったです。

 

また、稽古に参加してください!

 

 

今日の稽古では、後ろ蹴りを多く練習しました。

 

少し難しい蹴りのため、思うようにいかない方もいました。

しかし、使えるようになると、とても有効な技です。

 

中一のルーク君も最初こそできませんでしたが、何点かアドバイスをすると、非常に破壊力のある蹴りになっていました!

 

機を見て、また稽古していきたいと思っています。

2015-10-24-20-59-43_deco

 

そのルーク君ですが、先週の支部内交流試合では、初戦で敗退したとのこと。

原因を尋ねると、「延長になったから」と答えてくれました(苦笑)

 

ガクッと来ました(笑)

大人の方たちも笑っていました。

 

「稽古してない自分のせいだろ!」と言いましたが、ルーク君も「そうそう!」と言った感じ(笑)

 

まだまだ、本気度が足りないルーク君ですが、素質は十分ですし、基本的には素直なので(笑)じっくり、温かい目で見守っていきたいとおもいます。

 

 

また、支部内で思うような結果の出なかった上田さんもくやしそうでした。

映像を見ましたが、内容自体は非常にいい。

課題さえクリアできれば、一気に勝ち上がれる、ということは伝えました。

 

また、境先輩からも細かくアドバイスを受けていました。

 

私もずいぶん空手のことは、勉強したり、考えてきましたが、境先輩の話もまた、新鮮な視点で勉強になりました。

 

道場では最年長でありながら、今でも試合に出続けて、更に結果も出されている境先輩。

 

その裏には、継続した稽古はもちろん、いろいろな工夫や練り上げられた思考があります。

ちゃんと理由があるのです。

 

道場生の方も、機会があれば、どんどん堺先輩とお話しされて、色々と学んでほしいと思います!

 

 

 

最後の集合写真は、今日は人数も少なかったこともあり、一人一人が目立つように取りました。

 

格好つけた言い方をすれば「6人のサムライ」といったところでしょうか(笑)

 

 

ルーク!君もサムライなのだから、頼むぞ!

2015-10-24-22-19-38_deco

 

今週もお疲れ様でした!

 

土曜日の稽古(10月17日)

里山です

 

 

涼しくて、運動するには最高の季節です。

 

 

そんな秋の土曜日、今日も4クラス指導に入りました。

 

 

●幼年クラス

 

今日も20名ほどの子たちが、稽古に参加してくれました!

 

 

基本稽古の回し蹴りでは、ゆうき君、うきょう君、かんたろう君、そうじろう君らの色帯の先輩たちに、お手本として前に出てもらいました。

 

技の上手な先輩たち。

 

その後、全員で回し蹴り。

 

 

30本蹴った後、白帯たちの子たちに、「先輩たちのレベルに合わせた速さの号令でも、やれる?」と聞くと、「やれる!」と元気よく返事。

 

高速の号令をかけましたが、ついてくる白帯の子が何人もいました!

 

さらに、「もっと早くても平気?」と聞くと、「平気!」とのこと。

 

更に高速の号令(笑)

 

ついてくる子もいれば、その場で走っているような蹴りの子、ダンスを踊っているみたいな子、全然ついてきていない子など様々(笑)

 

白帯の子たちに「できた?」と聞くと、ほぼ全員「できた!」との返事(苦笑)

 

凄い自信です!

 

 

先輩たちはバランスを崩さず、蹴り終えていました。

さすがでした!

image1

●少年初級クラス

 

今日も元気に、多くの子たちが参加。

 

体験の姉妹も、頑張って空手に挑戦してくれました!

 

 

先週と同じような稽古の流れでしたが、最後に、様々な種類のダッシュを行いました。

 

イキイキと楽しそうに行っていましたが、こちらの合図より前に、スタートラインから出てフライングしている男の子たちもチラホラ。

 

その男の子たちは、はなさんから「線から出たらダメなんだよ!」「ズルはダメ!」と何度も怒られていました。

 

悪さをする男の子。それを注意する、しっかり者の女の子。

 

いつの時代でも見られるこの子供の光景に、「しょうがないなあ」と、つい笑ってしまいました。

image2

 

●少年中級クラス

 

明日の支部内交流試合を控え、出場する子たちが多く参加。最後の調整を行っていました。

 

りんさんや、きょうたろう君も久しぶりに顔を見せてくれました。

 

 

ビデオ鑑賞では、試合前日ということもあり、第7回世界大会の福田達也選手VSグラウベフェイとーザの試合を見せました。今でも、多くの極真関係者に語り継がれる、ベストバウトの一つです。

 

三軒茶屋道場出身で、私が空手の先輩の中で一番尊敬している西湘支部、福田支部長。

 

この試合では、セコンドに付かせてもらっていたこともあり、舞台裏なども話しながら観てもらいました。

大人と子供ほどの体格差のある“雷帝”グラウベ選手に何発も膝を顔にもらい、途中で右目が見えなくても怯まずに真っ向から向かっていったことや、その勇気ある闘いに道場の仲間たちもみんな、泣きながら必死に応援していたことなど。

 

子供たちもとても、驚いていました。

 

また、普段はビデオ鑑賞の際、注意散漫な子が2,3名程いるのですが、今日は全員がずっと真剣に見てくれていました。

 

福田先輩とは身近で携わっていたこともあり、今でもこの試合のことを伝えようとすると、涙が出そうになります。

 

子供たちには「三軒茶屋道場は昔から多くの強豪選手を輩出し、勇気ある闘いをしてきた日本でも屈指の名門の道場なのだから、その誇りを胸に、明日の試合も闘ってきてほしい。」、そんなことを伝えました。

 

試合では、それぞれが全力を振り絞って、闘ってきてくれることでしょう。

image3

●一般クラス

 

試合前日のルーク君、たいき君向けに稽古メニューを組みました。

 

ルーク君は緊張した様子はあまり感じられず、稽古に取り組んでいました。

また、たいき君はリラックスした中にも、ピリッとしたものを感じました。

 

スパーリングでは、二宮さん、島崎さん、澤地さんらが、子供たちに胸を貸してくれました。

 

城西カップを終えたばかりのもえかさんも、大人の人たちと積極的にスパーリングをしていました。

 

メキメキ実力を上げている彼女ですが、黒帯の二宮さんには翻弄され、思うような動きができなかったようです。

 

大人の方たちが、いい「壁」となってくれています。

 

乗り越えていってください!

 

 

最後の集合写真は、試合前の二人にクローズアップ。

 

「明日優勝するぞ!」ポーズを取ってもらいました(笑)

image4

 

 

二人とも頑張れよ!

吉報を待ってるぞ!

 

 

今週もおつかれさまでした!

土曜日の指導(10月10日)

 

ラグビー日本代表が、有終の美を飾ってくれましたね。

 

 

ベスト8には進出できなかったものの、日本中に、世界中に、多くの感動やエネルギーを与えてくれました。

本当に素晴らしい闘いぶりでした。

 

 

来週の支部内交流試合では、出場者の方たちもラグビーのように、勇気と気迫を持って闘ってきてください!

 

 

今日も4クラス指導に入りました!

 

●幼年クラス

 

今日も、みんな元気に汗を流していました。

 

体験の子も参加してくれましたが、一生けんめいに体を動かしていました!

 

 

基本稽古の回し蹴りでは、かんたろう君にお手本を見せてもらいました。

いつ見ても、非常にきれいな回し蹴りです。

 

すこし風邪ぎみだったようですが、先輩らしく、最後までいっしょうけんめい稽古もしていました。

白帯の子たちには、「何百回も練習しているから上手なんだぞ。かんたろう先輩みたいに、風邪をひいても来るぐらい、たくさん練習しなさい」という話もしました!

 

ミット稽古では、中段回し蹴り。

 

考星くんが白帯ながら、左右ともに強い蹴りを放っていてビックリ。

どんどん強くなっていくでしょう。

 

また、りゅうのすけ君も強くて鋭い蹴りでした。

なおくんはとてもきれいなフォームになってきています。

 

みんな、どんどん、実力がついてきているので今後が楽しみです。

2015-10-10-21-15-16_deco

●初年初級クラス

 

今日は、こう君のお姉ちゃんも体験入会に来てくれました。

 

利発そうな子で、楽しそうに、体を動かしていました!

2015-10-10-21-23-57_deco

 

今日の基本稽古では、全体的に気合が小さめ。

 

第二土曜日で人数が少なかったので、「誰が声をだしていないかすぐわかるなあ。その子だけ、みんなの前でやり直しにしようかなあ」と脅しをかけました(笑)

 

直後に、道場が壊れんばかりの声で気合いを入れていました。

 

げんきんなものです(笑)

 

ミット稽古では、ある子が相手の蹴りをボーっと受けていて、衝撃に驚き、泣いていました。

 

「気を抜くんじゃない!自分の責任だぞ!」と、伝えました。

 

 

日本は治安も良く、また道場稽古も安全を第一に考えているため、子供によっては、危険を察知しにくくなっている子もいます。

しか、そんな中でも、TPOに応じた行動を取れるように、指導していく役割は武道にはあるのではないかと考えています。

 

そういったこともあり、稽古の最後に「日本の素晴らしさ」の話をしました。

 

町が綺麗なこと、災害時でもモラルを順守すること、街に自動販売機が置いてあること、人に親切なこと、みんなは当たり前だと感じていることが、世界の中ではとても珍しいことだということを、海外に行った時の経験なども交えて伝えました。

 

「先生たちが口うるさく、礼儀や振る舞いを注意をするのは、その日本人の素晴らしいところを、今のうちから身につけておいてもらいたいからだよ」ということを話しましたが、みんなしっかり聞いてくれていました。

 

その彼らが大きくなり、また次の世代へ伝えていける、そうなってもらえれば、指導者としてそんなにうれしいことはないと感じます。

2015-10-10-21-28-04_deco

2015-10-10-21-23-57_deco

●少年中級

 

試合に出場する、りゅうのすけ君、えいきち君、ひろあき君、けいと君、はやと君、こう君らが参加。

 

調子は上がってきています。

2015-10-10-22-22-50_deco

 

スパーリングでは、けいと君が、2学年上の、体格も一回り上のえいきち君に果敢にたち向かっていました。

途中、相手の攻撃で泣き出しながらも、ひるまずに戦っていました。

気持が強く、いろいろと戦略を組み立てられる賢さも兼ね備えています。

前回同様、今回も上位に進出することを期待しています。

 

そのけいと君に、「お父さんも頑張って稽古しているよ」と、休憩の時に話すと、「そうなんだ」と意外そうな答え。

 

そのことを一般クラスでお父さんに伝えると、「家ではゴロゴロしているので、稽古しているようには見えないんでしょうね」と笑っていました。

 

「お仕事の大変さなど、子供は知らないのですから、大人は辛いですよね」と、そんな話をしました。

 

お父さんも、ぜひ試合頑張ってください!

2015-10-10-23-49-28_deco

また、ひろあき君は体は小さいですが、本当にいつも大きな気合でがんばっています。

周りの子が声を出さなくても、引きずられずに、一人で一生懸命気合を入れて、盛り上げてくれています。

 

すばらしいことです。

 

そういう子には、特に、試合や審査では良い結果を出してもらいたいと思ってしまいます。

 

いずれにしても、来週の試合、、出場する子たちには、思いっきり闘ってきてもらいたいものです!

2015-10-10-23-46-36_deco

●一般クラス

 

今日も、多くの会員さんが、汗を流していました!

 

スパーリングでは試合に出場の鈴木さん、上田さん、たいき君、もえかさんら、各々いい仕上がりになってきています。

苦手な技や、攻撃パターンの確認などしながら、概ね順調な様子。

image1 (1)

他には、島崎さんは橋本先輩に胸を借りて、思いっきり攻撃をしていました。

非常にいい攻撃を出しながらも、橋本先輩も、不死身の体でニコニコしながら攻撃を浴びていました!

 

若くて才能もある山西君も、橋本先輩に胸を借りていましたが、最初から前に出ることや効かせることを諦めて闘っていました(苦笑)

山西君は全国区を目指す選手なのだから、早く橋本先輩を乗り越えて活躍するよう、稽古後にアドバイスをされていました。

 

頑張ってもらいたいものです。

 

稽古の最後には、疲れを取るために、二人組でストレッチを行いました。

 

少し難しかったのか、なかなかコツをつかめず、悪戦苦闘する組も(笑)

逆に疲れてしまったかもしれません(苦笑)

 

トレーニングと同じぐらい、柔軟や体のケアは大事です。

自力他力を問わず、良いコンディション作りのために、多く行うようにしてください!

 

 

今週もお疲れ様でした!

 

image2

2016.3.19狛江道場 無料体験会
1月24日(日)田無道場にて寒稽古&餅つきを行います。

1月24日(日) 田無神社にて、11:時 … 続きを読む

2015.4.26狛江道場 特別無料体験会
佐野三段の法政大学での講義の様子を極真会館HPに掲載

先月、田無道場分支部長 佐野三段が行った … 続きを読む

sanchadojoをフォローしましょう
検索
 
メディア8
 
マイベストプロ